財団法人むつ小川原地域・産業振興財団より、原子燃料サイクル事業推進特別対策事業助成金の交付を受け実施した事業についてご紹介します。

▼原子燃料サイクル事業推進特別対策事業

 原子燃料サイクル施設の県内への立地を契機とした地域振興策の一環として、電気事業連合会からの寄付金を原資として、財団法人むつ小川原地域・産業振興財団が、県内市町村を対象に行う助成事業です。
 対象市町村における地域特性を活かした地域活性化事業の一層の充実を図り、これにより、全県的な振興に資することを目的としています。

▼平成21年度 当市実施事業

八戸花火大会補助金 
 八戸の夏の風物詩として市民や観光客に親しまれている八戸花火大会が、更なる集客及び経済効果を創出しながら市民全体の行事として存続発展させることを目的に、その運営費に対し、むつ財団から助成を受け、補助金を交付しました。

社会福祉事業団施設整備費補助金

 適正な環境下での福祉サービスの向上を図ることを目的として、八戸市社会福祉事業団が運営する施設の老朽化に伴う施設整備事業費について、むつ財団から助成を受け、財政支援をします。
 今年度は「うみねこ学園」「小菊荘」「浩々学園」の3施設について整備しました。

 (写真は浩々学園)

自転車競技場改修事業費補助金

 東運動公園内に設置されている青森県体育協会所有の八戸自転車競技場は、施工後15年以上が経過し劣化が進み、安全面に大きな支障を来たしていたところです。
多額の費用がかかる改修工事は、所有者の自主財源のみで行うことは困難であるため、むつ財団からの助成を受けました。
 これにより、大規模な大会の開催や誘致が可能となり、自転車競技の普及や地域の振興が期待されます。

市立図書館環境整備事業

 市立図書館は、子どもから大人まで、すべての年代の方に利用されている施設ですが、築25年を経過し施設老朽化が進んでいます。

 そこで、施設の延命及び利用者の安全性や快適性を維持確保し、今後の利用者数の確保・増加を目指すため、むつ財団から助成を受け、21年度は1階の利用者用トイレを洋式便器へ改修するなどの環境整備を行いました。