平成15年、少子化の流れを変えるため、国において「次世代育成支援対策推進法」が成立し、地方自治体や労働者の数が300人を超える事業主及び特定事業主に対し、次世代育成支援対策に関する行動計画の策定が義務付けられました。

少子化は、八戸市の将来にとっても、大きな影響を及ぼすことが予想され、継続的に取組んでいくことが必要です。

八戸市では、これまで「八戸市少子化に関するアンケート調査」「八戸市次世代育成支援に関するニーズ調査」「八戸市少子化対策協議会」などを通して、市民の皆さんから多くのご意見をいただきました。これらを踏まえ、子どもを生みたい人が安心して生めるような環境の整備を図るため、どのような施策が必要かを、付属機関の「八戸市次世代育成支援行動計画策定委員会」で検討を重ね、計画を取りまとめました。

計画の位置付け

「八戸市エンゼルプラン」等の内容を踏まえ、各個別計画との整合性を図りながら、今後の八戸市の少子化対策・子育て支援に関する施策を積極的に推進するための指針となるものです。

計画の期間

平成17年度から平成26年度までの10年間です。

なお、社会・経済情勢、子どもを取り巻く環境の変化、八戸市の状況等に迅速に対応するため、平成21年度までを前期、平成22年度から26年度までを後期として、必要に応じて見直しを行っていきます。

また、毎年、計画の実施状況を把握・点検し、公表します。

八戸市次世代育成支援行動計画(全ページ) [7546KB pdfファイル] 

目次 [20KB pdfファイル] 

第1部 [175KB pdfファイル] 

第2部 [147KB pdfファイル] 

第3部 [471KB pdfファイル] 

巻末参考資料 [46KB pdfファイル] 

平成17年度実施状況 [79KB pdfファイル] 

平成18年度実施状況 [255KB pdfファイル] 

平成19年度実施状況 [253KB pdfファイル] 

平成20年度実施状況 [260KB pdfファイル] 

平成21年度実施状況 [613KB pdfファイル] 

計画の基本的考え

八戸市では、子どもと子どもをとりまく環境を、子どもを中心とした同心円状にイメージし、子どもの成長を、家庭から、その外に広がる地域社会へ出て行く、自立の過程ととらえました。そして、子育ては、子どもに対して、親や地域の大人が一方的に何かを与える関係ではなく、子どもに関わることで、親や地域が一緒に成長していく機会であると考えました。

安心して子どもを生み育てることができるまちづくりを進めるため、「子ども」、「親」、「地域」それぞれへの支援を念頭に、計画策定にあたりました。

八戸市次世代育成支援行動計画体系図
未来をになう子どもを育てるまちづくり

1.地域における子育ての支援

  • 地域における子育て支援サービスの充実
  • 保育サービスの充実
  • 子育て支援のネットワークづくり
  • 児童健全育成

2.母性並びに乳児及び幼児等の健康の確保及び増進

  • 子どもの母親の健康の確保
  • 「食育」の推進
  • 思春期保健対策の充実
  • 小児医療の充実

3.子どもの心身の健やかな成長に資する教育環境の整備

  • 次代の親の育成
  • 子どもの生きる力の育成に向けた教育環境等の整備
  • 家庭や地域の教育力の向上
  • 子どもを取り巻く有害環境対策の推進

4.子育てを支援する生活環境の整備

  • 良質な住宅の確保
  • 良好な居住環境の確保
  • 安全な道路交通環境の整備
  • 安心して外出できる環境の整備
  • 安全・安心まちづくりの推進等

5.職業生活と家庭生活との両立の推進

  • 多様な働き方の実現及び男性を含めた働き方の見直し等
  • 仕事と子育ての両立の推進

6.子ども等の安全の確保

  • 子どもの交通安全を確保するための活動の推進
  • 子どもを犯罪等の被害から守るための活動の推進
  • 被害に遭った子どもの保護の推進

7.特別な支援が必要な児童への対応などきめ細やかな取組の推進

  • 児童虐待防止対策の充実
  • ひとり親家庭等の自立支援の推進
  • 障害児施設の充実