民間建築物アスベスト含有調査支援事業

八戸市では、吹付けアスベスト含有調査やその対策の意識啓発をすることにより、生活環境の保全を図るため、令和元年7月から「八戸市民間建築物アスベスト含有調査支援事業」を創設することになりました。

この事業は、一定の条件を満たす建築物の所有者に対し、建築物石綿含有建材調査者による建物のアスベスト含有調査の費用を補助することにより、市民のアスベストによる健康被害を未然防止につなげることを目的とした事業です。

対象建築物

吹付けアスベストの含有調査補助の対象となる建築物は、八戸市内に存在し、次に掲げる要件全てに該当するものです。

  1. 吹付けアスベストが施工されている可能性があるもの。 
  2. アスベスト調査台帳に記載されているもの。(昭和31年~平成元年に施工された建築物で、延べ面積1,000平方メートル以上、又は300~1,000平方メートルの建物で集会場、ホテル・旅館、飲食店、物販店舗等の用途のもの) ※詳しくはお問合せください。
  3. 複数の者が所有している建築物については、当該事業の実施について所有者全員の同意が得られていること。 
  4. 補助対象建築物に係る分析調査事業について、この要綱に基づく補助金又は国、地方公共団体その他の公共団体から同様の補助金の交付を受けていないこと。 
  5. 建築基準法第9条の規定に基づく命令を受けていないもの及び同法の規定に違反していない建物であること。 

補助率と補助限度額

アスベスト含有調査費用の100%で、1棟あたり上限25万円となります。

募集棟数

令和元年度:15件(先着順)

申込期間

令和元年7月1日(月) から随時

(申込年度の1月末までに調査の報告が完了することが条件となりますので、余裕を持ってお申し込みください。)

補助申請の際の必要書類(各1部)

  1. 申込書(別記第1号様式)
  2. 案内図、配置図及び平面図
  3. 現況写真(補助対象建築物の全体が分かるもの2枚以上) 
  4. 2者以上から徴収した分析調査事業に係る調査仕様書と見積書
  5. 建物登記全部事項証明書等補助対象建築物の所有者等であることを証する書類(補助対象者が法人である場合は、法人登記簿謄本を含む。)
  6. 市税の滞納がない証明書(過去5年分)又は添付書類省略に係る同意書 ※建築物の所有者全員分
  7. 申請者のほかに補助対象建築物の所有者がいる場合は、調査同意書(別記第2号様式)
  8. 代理人が申請する場合は、委任状(別記第4号様式)
  9. 建築物石綿含有建材調査者講習修了証明書又は建築物石綿含有建材調査者登録書の写し
  10. 建築基準法第6条第1項の確認済証の写し(当該確認済証の写しを提出できない場合は、同項の規定による確認を受けた日を確認できる書類)
  11. その他市長が必要と認める書類(口座振替受領申出(変更届出)票など)

※申請書等は、下記ファイルからダウンロードするか、建築指導課窓口でお受け取りください。

補助申請から補助金交付の流れ

補助申請から補助金交付の流れについては、こちらのファイルをご覧ください。 [補助の流れ] 

応募の際の注意点 
  • 建築物石綿含有調査者等の資格を持つ者が行う調査であること

 この資格については、下記リンクをご覧ください。(外部リンク)

 国土交通省のページ資格者名簿(一社)建築物石綿含有調査者協会

  • 応募の時点で、既にアスベスト含有調査の実施や契約をしている場合は補助の対象外となります。

要綱・様式集

ファイル名 Word/Excel PDF
八戸市民間建築物アスベスト含有調査支援事業補助金要綱
申込書(別記第1号様式)

添付書類省略に係る同意書(別記第2号様式)

調査同意書(別記第3号様式)
委任状(別記第4号様式)

口座振替受領申出(変更届出)票

※前年度、前々年度に市から支払実績がない者に限る。

口座振替受領申出(変更届出)票(記入例)
~ここまでが補助申請の際に必要な書類です~
完了報告書(別記第10号様式)
交付請求書(別記第12号様式)

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

◆その他ご不明な点は、下記にお問い合わせ下さい。

申し込み・問い合わせ先
都市整備部 建築指導課 建築指導グループ(別館6階)
電話 0178-43-9137(直通)
FAX 0178-41-2302(都市政策課内)