地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した寄附を募集しています

 

企業版ふるさと納税とは?

 志ある企業の皆さまが、寄附を通じて地方公共団体の行う地方創生の取組を応援した場合に、税制上の優遇措置が受けられる仕組みです。

 

寄附企業のご紹介

 平成30年度事業に対して、次の企業から寄附をいただきました。

 当市の企業版ふるさと納税を活用した寄附は、第1号の企業となります。心より感謝を申し上げます。

 

寄附企業名 

 マネックス証券株式会社

代表者名 

 代表取締役会長 松本 大 様

 代表取締役社長 清明 祐子 様

所在地 

 東京都港区

寄附対象事業

 妊娠・出産・子育ての希望をかなえるまち八戸プロジェクト~八戸版ネウボラの実現にむけて~

感謝状を贈呈しました

 平成31年4月9日(火)市長室におきまして、感謝状の贈呈を行いました。

 

 

 (写真左から、マネックス証券(株) 清明 祐子 社長、マネックス証券(株) 松本 大 会長、八戸市 小林 眞 市長、八戸市 大平 透 副市長) 

 

制度の概要について

 2016年度に創設された地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)は、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対し企業が寄附を行った場合に、寄附額の3割を当該企業の法人関係税から税額控除する仕組みです。これにより、通常の損金参入による軽減効果(寄附額の約3割)と合わせて、最大で寄附額の約6割が軽減され、実質的な企業の負担は約4割まで圧縮されます。

  

 制度の詳細は、こちらのリーフレットをご覧ください。→ リーフレット(内閣府).pdf [1134KB pdf] 

留意事項 

 (1)1回当たり10万円以上の寄附が対象となります。

 (2)本社が八戸市以外に所在する企業の皆さまが対象となります。

 (3)寄附の対価として経済的利益を受けることはできません。

 

八戸市の対象事業について

  現在、八戸市で企業の皆さまから募集している事業は下記の2件です。

妊娠・出産・子育ての希望をかなえるまち八戸プロジェクト~八戸版ネウボラの実現にむけて~

 ●事業概要

 妊娠・出産から子育てまで切れ目のないケア・サポートの実現(八戸版ネウボラ)を目指し、子育て世代包括支援センターを拠点とした総合的な相談・支援体制を構築していく。また、子育て世帯の経済的な負担を軽減するため、通院医療費の助成対象を中学生まで拡充することや、ハイリスク妊産婦への支援を行うほか、特定不妊治療に対する助成を行う。

 →プロジェクトの要旨はこちら 地域再生計画.pdf [334KB pdf] 

八戸都市圏の食ブランドを活かした広域連携による稼ぐ力強化事業

 ●事業概要

 八戸都市圏の在京同窓会を基礎とした関係人口の形成・拡大・深化や、八戸都市圏ファンを拡大するための「体験型」飲食機能、イベント機能等、独自性と多様性を備えた首都圏交流拠点である(仮称)八戸都市圏わくわく交流プラザを設置し、八戸都市圏8市町村が一体となって、関係人口を築きながら地場産品の販売促進、観光誘客、移住定住促進等、総合的なシティプロモーションを図る。

 ※地方創生推進交付金活用事業 

 →プロジェクトの要旨はこちら 地域再生計画.pdf [319KB pdf] 

 

寄附の申出について

  八戸市の地方創生に向けた取組にご賛同頂き、寄附をご検討いただける企業の皆さまからのご連絡をお待ちしております。

 下記リンクより、寄附申出書をダウンロードできます。

 

  ●妊娠・出産・子育ての希望をかなえるまち八戸プロジェクト~八戸版ネウボラの実現にむけて~  → 寄附申出書 [17KB docx] 

 

  ●八戸都市圏の食ブランドを活かした広域連携による稼ぐ力強化事業  → 寄附申出書 [17KB docx] 

 

お問い合わせ先

総合政策部 政策推進課 政策推進グループ

〒031-8686 八戸市内丸1-1-1
電話 0178-43-9233(直通)
FAX 0178-47-1485

Email  seisaku@city.hachinohe.aomori.jp