「体験型ファシリテーター養成講座」開催報告 NEW!

平成30年7月27日(金)はっち2階シアター2で「体験型ファシリテーター養成講座」を開催しました。

大人25名、高校生20名の総勢45名の皆様にご参加いただきました。

内容

「ファシリテーション」の意義や「対話(ダイアローグ)」についての基礎から「ワールドカフェ」を体験し、実践的に学びました。
 
ワールドカフェとは、4~5人単位のグループでテーマについて話し合い、席替えをすることで参加者全員と話し合っているような効果が得られるワークショップです。

3つのテーマについて席替えをしながらグループで話し合いました。

  • round1 八戸市の「誇りに思うこと」「残念に思うこと」は何ですか?

(席替え)

  • round2 「20年後、あなたはどんな八戸市で暮らしていたいですか?」

(元の席に戻る)

  • round3 「ありたい八戸市になる為に、このメンバーで取り組みたいことは何ですか?」

最後、各自で「今日のワールドカフェで一番印象に残った言葉は何ですか?」で紙に書き出し、グループ内で共有しました。

 

受講者の感想

  • 自分にとって価値のある時間でした!(10代・女性)
  • 様々な業種の方とつながることができ、考え方が広まって楽しかったです。(10代・女性)
  • 今回のような交流の機会がたくさん増えていけば、八戸が魅力的な町になるのではないかと思う。(30代・男性)
  • 色々な年代・立場の方が参加していて面白かったです。(40代・男性)
  • 初めてのワールドカフェ楽しかったです。ドリンクにコーヒーがあればうれしかったです(40代・女性)
  • 若い世代との対話はとても楽しかったです!町内会などでワールドカフェやってみたいですね。とても楽しかったです。ありがとうございました。(40代・女性)

予告

今回参加できなかった方、また参加したいと思った方など皆様にお知らせです。

平成30年12月2日(日)に八戸市の魅力や将来、そして自分のことなどについて話し合う会を開催します。

次回は、体験型ファシリテーター養成講座にもご参加いただいた金入健雄さんと小笠原ちえ子さん、そして、八戸市長も話題提供者として参加予定です。

参加者の募集については、後日お知らします。ぜひ、参加について御検討ください。

 

「体験型ファシリテーター養成講座」受講者募集中! ※募集は終了しました

リラックスした雰囲気の中、テーマについて話し合い、参加者全員が納得できる会話の手法『ワールドカフェ』を体験しながら、ファシリテーターについて学びます。
次につながる講座となっておりますので、ぜひご参加ください。 
ワールドカフェってなんだろう?

リラックスした肩の凝らない、カフェでおしゃべりをしているような雰囲気の中で、メンバーの組み合わせを替えながら4~5人単位の小グループで話し合いを続けることにより、まるで参加者全員と話し合っているような効果が得られる会話の手法です。

 こんな方におすすめです
  • おしゃべりを楽しみたい
  • 新しいことに踏み出す勇気がほしい
  • 一緒に行動する仲間がほしい
  • いろんな人と交流したい
  • みんなでマチの将来や夢を共有したい

日時

平成30年7月27日(金)18:30~21:00

場所

八戸ポータルミュージアムはっち2階 シアター2

講師

佐藤 淳 さん(青森中央学院大学経営法学部 准教授)  

1968年青森県十和田市生まれ。早稲田大学商学部卒業。

三井住友銀行での12年間の銀行員生活後、早稲田大学大学院公共経営研究課終了。

現在は、青森中央学院大学経営法学部 准教授(政治学・行政学・社会福祉論)

そのほか、早稲田大学マニフェスト研究所招聘研究員として、マニフェスト型の選挙、政治、行政経営の定着のため活動中。

 

 対象者・定員

 高校生から40代までの方 40名程度 (先着順)

受講料

 無料

お申込み・お問合せ

 お電話・FAX・Eメールより、市民連携推進課までお申し込みください。
 申込締切・・・平成30年7月12日(木)

チラシ

 ←クリックしてください。

参考

 このページや協働のまちづくり研修会に関するご意見・お問い合わせは、こちらへお願いします。
お問い合わせ先
総合政策部 市民連携推進課 市民協働グループ
〒031-8686 八戸市内丸一丁目1-1
電話 0178-43-9207(グループ直通)
FAX 0178-47-1485
メール renkei@city.hachinohe.aomori.jp

 

必須項目  
 
必須項目  
 
必須項目