平成29年9月20日(水)に「八戸市立種差小学校」(登録No.6)が実施した清掃活動の様子をご紹介します。

 

「八戸市立種差小学校」の皆様より
当日は曇っていましたが、風もなく穏やかでした。当初、前週に種差海岸の環境整備が行われて
いましたので、ごみはほとんどないだろうと思われましたが、三連休の台風の影響で、予想以上に
ごみが多く感じられました。本校では、岩場を中心に清掃活動を行いました。終了後は、各班毎に
海岸清掃の振り返りをして、まとめの活動を行いました。

 ●参加者:児童18名、職員5名 ●時間帯:13:15~14:15 ●ごみの量:可燃・不燃ともに2袋

〈児童の感想〉
◆燃えるごみが多くありました。波に流されたのか、岩と岩の間に挟まって取れにくかったです。
(4年女子)
◆ガラスや発泡スチロールがいっぱい落ちていました。観光客の人が多いので、落としていった思う
し、台風の影響があると思いました。(6年女子)
◆ガラス、空き缶、ビン類、瀬戸物など、燃えないごみが多かったです。海から流れてきて岩で割れ
ているのかガラスが危ないと思った。(5年男子)
◆岩場にペットボトルなどがたくさん落ちていました。種差海岸に来たときは、また拾いたいです。
(3年男子)
◆台風で大きなタイヤやたくさんごみが落ちていました。これからも見つけたら拾いたいです。
(6年男子)