条例制定の目的

老朽化し、放置されて危険な状態となった管理不全な空き家の倒壊、屋根トタンなどの飛散等による事故の発生を防止するため、条例を定めて所有者、相続関係者等に適正な管理を指導するものです。

管理不全な空き家とは

条例では次のように定めています。

  • 老朽化又は台風等の自然災害により倒壊する恐れのあるもの
  • 建築材等を飛散させ当該敷地外にある者の生命、身体又は財産に損害を及ぼすおそれのあるもの

所有者等の責務

空き家は所有者等の財産です。

所有者等は、空き家が管理不全な状態にならないよう適正に管理しなければならない旨、条例で定めています。民法でも、所有者等の管理が不適切だったために他人に損害を与えたときは損害を賠償する責任を負うこととされています。

 

管理不全な空き家等への対応方法

管理不全な空き家があり、周りに迷惑がかかっている又はかかりそうなときは、建築指導課までご連絡ください。空き家の所有者が分かっているときは、その所有者に直接連絡した方が早く対処される場合もあります。

管理不全な空き家について市に連絡をいただいた場合、市がその空き家の実態調査を行った上で、空き家を適正に管理するよう所有者等に指導します。

所有者等が指導に応じない場合で空き家が著しく危険な場合は、所有者等に対し強制力のある行政処分を行います。

 

 空き家等の所有者へのお願い

空き家は、あくまでも所有者の財産です。市では空き家になっていること自体を問題にしているのではなく、空き家等が管理不全な状態であることにより、近隣住民等に不安感を与えたり迷惑をかけたりすることを問題としています。

もし、空き家等が適正に管理されず通行人や近隣の建物に危害が及んだ場合、所有者等は被害者から損害賠償請求される可能性もあります。特に人命に危害が及んでしまっては、取り返しのつかないことになります。

このようなことにならないよう、日ごろから定期的に空き家の状態を点検し、適切に維持管理してください。特に台風の季節や春先など強風が予想されるときは、前もって建物の点検を行い、危険箇所は速やかに修理するなどして危険防止に努めましょう。

また、しばらく家を空けることになった場合や、引っ越す場合には、近所の方に「何かあったらここへ連絡してください。」と言い合えるような、普段からの地域のコミュニケーションが非常に大切です。

今後、ますます進んでいく高齢化や少子化により、管理不全な空き家は増えていくことが懸念されますが、自分の所有している空き家の様子を定期的に見る、自分で管理できない場合は業者等に依頼する等、空き家の所有者としての責任を果たしてくださるようお願いします。

 資料

お問い合わせ先

都市整備部 建築指導課 建築指導グループ(市庁別館6階)
電話 0178-43-9137(直通)

   0178-43-2111(内線4855)
FAX 0178-41-2302