市民の皆さまから27通(18箇所)のご応募をいただき、八戸市景観市議会による現地視察も含めた厳正な審査結果を受けまして、次の3箇所を第29回八戸市景観賞に決定いたしました。

景観づくり部門「旧島守発電所及び旧島守発電所保存公園」
  • 所在地:八戸市南郷大字島守字持金沢3
  • 選定理由:
     青森県内に現存する最古の水力発電所で、大正時代の本館やドイツ製発電機、付随施設が当時のままの姿で残され、産業遺産として国の登録有形文化財に指定されている。
    目の前を流れる新井田川と鷹ノ巣吊り橋、そして樹木に恵まれた周囲の自然景観に溶け込んでいる本館及び公園は、かつての発電所の様子が偲ばれるとともに、訪れる人々を和ませ、清清しく心地よい癒しの空間を形成している。 

    旧島守発電所及び旧島守発電所保存公園
     
まちなみ空間部門「城下館々」
  • 所在地:八戸市城下四丁目9-2
  • 選定理由: 
    古い倉庫をフランス風にリノベーションしたテナントビルとして再生。
    外壁は工夫を凝らしたモルタル造形で仕上げられており、隣接する建物と連続した統一感のあるデザインとすることで、おしゃれで落ち着きのある空間を造り出している。
    さらに建物の前には、建物の雰囲気にあわせてベンチ、照明灯、植栽、看板を配置し、通りのアクセントとなっており、潤いと情緒のある街並みの形成に寄与している。

  城下館々

まちなみ空間部門「小さな街のレストランSpread&地域のお洒落な集会所Canvas」
  • 所在地:八戸市大字妙字坂中8-1-1
  • 選定理由:
     住宅地にあって、ゆったりとした広場空間を有しながら、柔らかい暖かみのある建物が2棟ある。
    建物の庇の柱にもリズム感のある意匠性を持たせ、建物どうしの連続性に工夫をこらしながら植栽等も配置しており、まとまりのある外構になっている。 建物と広場空間が一体となって、人々が集い語らえる潤いの場を形成している。 

    小さな街のレストランspread&地域のお洒落な集会所canvas  
八戸市景観賞はいつでも応募できます

お気に入りに景観、地域で取り組んでいる景観づくりの活動などご応募ください。

  • 応募方法はこちらをクリックしてください。
  • 応募フォームはこちらをクリックしてください。
これまでの景観賞受賞作品はこちら