市民の皆さまから30通(25箇所)のご応募をいただき、八戸市景観市議会による現地視察も含めた厳正な審査結果を受けまして、次の4箇所を第28回八戸市景観賞に決定いたしました。

景観づくり部門「植物屋ARAYA」
  • 所在地:八戸市根城五丁目10-19【Google map
  • 選定理由:
     八戸市内でも古くからある住宅街にあって、既存の建物に手を加えることでまちなみ景観に新しい雰囲気と価値を与える可能性を示した。物置を改修した真っ白な店舗と住宅の外壁の黒が調和し、植物が良いアクセントになっている。住宅街のなかでこうした魅力ある空間を作り出したことは、今後の住宅街の景観形成のアイデアとして高く評価できる。

     
まちなみ空間部門「八戸学院短期大学幼児保育棟と美保野キャンパスのケヤキ並木」
  • 所在地:八戸市大字美保野13-384【Google Map
  • 選定理由: 
      キャンパス内にまっすぐ続くケヤキ並木は、まるで緑のトンネルのような様相を呈し、季節の移り変わりとともに様々な姿を見せ、通り行く人々を楽しませている。
    ケヤキ並木を抜けると姿を現す幼児保育棟は、敷地の高低差をうまく活かし、並木道からそのままアプローチできるようにエントランスが配置され、連続性のある空間が創られている。また、煉瓦積みの外観は、ケヤキ並木や既存の校舎と調和し、一体感を感じさせる。

  

まちなみ空間部門「八戸市立南郷図書館」
  • 所在地:八戸市南郷大字市野沢字中市野沢39-1【Google Map
  • 選定理由:
     大きなガラス張りが特徴のコンクリート造の建物に、木材のルーバーが施され、清潔感とぬくもりが感じられる。駐車場からエントランスにかけて配置されたモニュメントや植栽は遊び心がある楽しい空間となっている。建物のほかに、道路沿いのりんごの木など、細部にわたる景観に配慮した空間の演出が素晴らしく、維持管理も十分に行き届いている。

     
まちなみ空間部門「蕪島前広場と蕪島海浜公園」
  • 所在地:八戸市大字鮫町字鮫【Google Map
  • 選定理由:
     うみねこの繁殖地として国の天然記念物に指定されている蕪島へのエントランスは、東日本大震災による津波の被害を受けた後、三陸復興国立公園の北の玄関口に相応しいものに整備され、みちのく潮風トレイルの終起点にもなっている。
    プロムナードの部分はブロック舗装の配置と緩やかな築山により、波の形が意識され、平面的にも立体的にも楽しめるデザインで、歩きたくなるような空間になっている。また、蕪島休憩所は蕪島にマッチした一体感のある景観空間となっている。

  

八戸市景観賞はいつでも応募できます

お気に入りに景観、地域で取り組んでいる景観づくりの活動などご応募ください。

  • 応募方法はこちらをクリックしてください。
  • 応募フォームはこちらをクリックしてください。
これまでの景観賞受賞作品はこちら