発表内容

大型客船「ぱしふぃっくびいなす」の八戸港寄港について

1. 大型客船「ぱしふぃっくびいなす」の八戸港寄港について

 平成23年 日本クルーズ客船株式会社の大型客船「ぱしふぃっく びいなす」が、八戸港へ5月と6月の2回、寄港することが決まりましたので、お知らせします。
5月のクルーズ名は、「春探訪 日本一周クルーズ」で、5月9日(月)横浜港を出港し、季節の花々や新緑を楽しみながら、5月19日(木)神戸港へ戻るものであります。八戸への寄港は、コースの最後、5月16日(月)に入港し、翌17日(火)に出港するもので、八戸港に1日停泊します。
八戸港での夜には、船内において、八戸の郷土芸能(八戸えんぶり、南部民謡・手踊りなど)のナイトショーが企画されるとともに、ぱしふぃっく びいなすのツアーにおいて、初めて「横丁ツアー」や「朝市ツアー」も企画されることになっております。
そして、6月のクルーズ名は、「初夏の北海道・道東 大自然探訪クルーズ」で、根室、釧路、十勝等の道東の自然を巡りながら、最後に八戸港に立ち寄るコースになっており、種差海岸の美しい花々を楽しむオプショナルツアーが企画されております。
両クルーズとも、八戸港が最終寄港地に選ばれており、クルーズのお客様にとって、最も印象に残ることから、当市といたしましても、八戸の観光を存分に楽しんでいただけるよう、八戸ならではの歓迎行事を行って参りたいと考えております。
今回、平成23年の八戸港への大型客船の寄港が決定され、平成20年から4年連続で、八戸の観光をオプショナルツアーに組み込んだ大型客船が寄港することになります。また、八戸港での1日停泊も、今までになかったことであり、客船会社及び船の旅を楽しむお客様に、確実に八戸の魅力がPRされてきているものと感じております。
当市では、観光振興策の一つとして、第5次八戸市総合計画の中で大型客船の誘致事業に取り組んでおりますが、今後は、外国船も視野にいれ、大型客船の八戸港への寄港回数を増やしていき、あわせて市民の皆様にも船内見学や港でのイベントを通じ、八戸港の魅力を一層、知って楽しんでいただけるよう取り組んで参ります。

配付資料

 

<上へ戻る>

お問い合わせ先

八戸市総合政策部 広報統計課 (市庁本館4階)

電話 0178-43-9317
FAX 0178-47-1485