平成27年国勢調査の結果

センサスくん

平成27年10月1日現在で実施された国勢調査の、人口等基本集計結果は以下のとおりです。
国勢調査にご協力いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

○平成27年国勢調査八戸市の人口と世帯数

 

平成27年

平成22年

増減数 増減率
人口 231,257人 237,615人 △6,358人  △2.68%
うち男性

110,493人

113,340人 △2,847人  △2.51%
うち女性 120,764人 124,275人 △3,511人  △2.83%
世帯数 93,750世帯 91,917世帯  1,833世帯   1.99 %











 

町丁・字等ごとの集計結果

 国勢調査小地域集計の結果からは、町丁・字等の範囲で、人口や世帯数等を調べることが出来ます。

インターネットによる回答の状況

 今回の調査で初めて導入されたインターネット回答について、八戸市では、みらいちゃん
35,572世帯(37.9%)から回答がありました(インターネット回答率は青森県内トップでした)。ご協力ありがとうございました。

総務省計局による今後の公表予定

就業状態等基本集計ー平成29年4月

  (内容:人口の労働力状態、夫婦、子供のいる世帯等の産業・職業大分類別構成に関する結果)

世帯構造等基本集計ー平成29年9月

  (内容:母子・父子世帯、親子の同居等の世帯の状況に関する結果)

小地域集計ー各種基本集計の公表後に集計を行い、速やかに公表。

  (内容:町丁・字等ごとの基本的な事項についての集計)※人口等基本集計については公表済み

○上記のほか、従業地・通学地集計、人口移動集計、抽出詳細集計について、順次公表予定です。
公表予定に関する詳細は、こちら(総務省統計局)を参照ください。 

 国勢調査について

国勢調査は、我が国に住んでいるすべての人を対象とする国の最も基本的な調査で、国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、大正9年(1920)より5年ごとに行われます。
国勢調査の結果は、衆議院の小選挙区の画定基準、地方交付税の算定基準など、多くの法令でその利用が明記されています。
また、国や地方公共団体における様々な施策の立案・推進に利用されるだけでなく、学術、教育、民間など各方面で広く活用されますので、皆さまのご協力をお願いいたします。

  1. 調査の期日 実施年の10月1日午前零時現在で行います。
  2. 調査の対象 日本に常住しているすべての人及び世帯を対象とします。
  3. 調査事項(平成27年国勢調査) 
    世帯員に関する事項(13項目)
    「氏名」、「世帯主との続き柄」、「男女の別」
    「出生の年月」、「配偶者の関係」、「国籍」、
    「現在の住居における居住期間」、「5年前の住居の所在地」、
    「就業状態」、「所属の事業所の名称および事業の内容」、
    「仕事の内容」、「従業上の地位」、「従業地又は通学地」
    世帯に関する事項(4項目)
    「世帯の種類」、「世帯員の数(男女別)」、「住居の種類」、
    「住宅の建て方」

これまでの国勢調査結果

総務省統計局と青森県のホームページで、各都道府県及び市町村別の結果を公表しています。

 八戸市の集計結果

過去の国勢調査に関する八戸市分の集計結果は以下のページをご覧ください。

お問い合わせ先

総合政策部 広報統計課 統計グループ (市庁本館4階)
電話 0178-43-2111(内線2151・2152)