日時 平成30年4月2日(月) 午前10時00分
場所 市庁別館2階 会議室C

新たな年度の初めに八戸市職員として採用され、人生の新たなスタートを切った皆さん、おめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。

八戸市職員を希望された想いは、皆さんそれぞれであろうかと思いますけども、今日から同じ八戸市職員として新たな人生を歩みだしていただきたいと考えています。

八戸市は、昭和4年に八戸町、小中野町、湊町、鮫村の4つの町村が合併してできた市であります。昨年『8』が並ぶ88周年を迎え、八戸市にとって非常に意味のある年ということで、色々なイベントを実施いたしました。

市制施行時、先人たちの想いとしては、まずは港を開発して、港から地域の発展を図っていくということだったと感じています。八戸市の歴史を振り返りますと、新産業都市指定、新幹線や高速道路などの交通インフラが整備され、水産都市としてだけではなく、今では北東北随一の産業都市にまで発展してきました。先人の皆様方が思い描いた以上の都市になっているのではないかと思っております。

皆さんにおかれましては、新たに公務員人生が始まりますが、八戸市の歴史を振り返りながら、先人たちの想いを未来へ引き継ぐ役割として、まちづくりの一翼を担っていただきたいと思います。

職場の雰囲気、風通しが良く働きやすい環境を整えていこうと考えておりますので、緊張があるとは思いますが、先輩の話をよく聞いて、疑問があったら恥ずかしいと思わずに何でも聞いて、早く仕事に慣れ、先頭に立って引っ張っていただきたいと考えております。

私も、以前公務員として働いており、私の職業人生のほとんど全てが公務員でありました。今後、現在の部署だけでなく、幅広く色々な部署に配属されると思います。それぞれが、今まで積み上げてきた仕事のやり方をしておりますので、早くその仕事に慣れて、戦力になっていくことが肝心だと思います。

先ほどの宣誓にもあったとおり、公平公正を旨とする、全体の奉仕者、八戸市民の奉仕者であるということをしっかりと自覚しながら、これからの職員生活を歩んでいただければと思います。

皆さんがこの八戸市を発展させ、皆さんが携わる仕事が今後花咲かせるよう、心から期待を申し上げまして、私からの皆さんへの激励と歓迎の言葉といたします。