類似自治体との行財政比較について

八戸市では、平成8年度からの4次にわたる行財政改革大綱に基づき、市民の理解を得ながら、福祉向上と効率的な行政運営に向けた様々な改革に取り組み、一定の成果を挙げてきたものと考えております。

特に、平成17年度に策定した「第4次八戸市行財政改革大綱」では、基金の枯渇及び歳入不足という最悪の事態を回避するため、平成21年度までの5年間を財政再建集中期間と位置づけ、歳入に見合った財政運営、基金に依存しない財政体質の構築を目的に、具体的な数値目標(歳出削減額、職員削減数、市税徴収率)を掲げて、徹底した歳出削減に取り組んできたところであります。

そして、平成22年度からは、新たに第5次の行財政改革に着手しておりますが、その一環として、当市の行財政が第4次の改革によりどのように変化したのか(過去との比較)、また、類似自治体と比較してどのような状況にあるのかについて調査・分析を行いました。

本報告書は、職員数や給与等の人事関係をはじめ、財政関係、行財政改革の進捗度などの96指標について、当市が客観的にどのような状況にあるかを取りまとめたものであり、当市の現状を再認識するとともに、今後市民のためにどのような施策を実施していくべきかを考える際の参考としていくものです。

なお、今回対象とした類似自治体は、それぞれの都市形態や産業構造の違いを背景に、抱える課題や力を入れている施策も自ずと異なることから、個々の指標の数値の多寡や順位で、その自治体の行政運営やサービスの「良し悪し」が決まるものではありません。

 

類似自治体とは

八戸市と比較する団体は、人口、産業構造、保有する事務権限の範囲などの視点で、できるだけ当市に類似する自治体を選定しました。

具体的に言えば、「特例市のうち、人口が20万人以上30万人未満で、産業別就業人口構成比が、二次及び三次産業が全体の概ね95%以上で、かつ、三次産業のみで全体の65%以上の自治体」です。

また、北東北における類似自治体として、青森市、弘前市、盛岡市、秋田市を追加し、全国で24市を対象に選定しました。

青森県青森市青森県弘前市岩手県盛岡市秋田県秋田市山形県山形市茨城県水戸市茨城県つくば市埼玉県熊谷市埼玉県春日部市埼玉県草加市神奈川県平塚市神奈川県茅ヶ崎市神奈川県厚木市神奈川県大和市福井県福井市静岡県沼津市大阪府岸和田市大阪府茨木市大阪府八尾市大阪府寝屋川市兵庫県明石市兵庫県宝塚市広島県呉市長崎県佐世保市

 

類似自治体との行財政比較について(報告書)

区分   

データ

概要版

類似自治体との行財政比較について(概要版) [PDF:1091KB]
(全23ページ)

全体版

類似自治体との行財政比較について [3239KB pdfファイル]  

(全131ページ)

  

お問い合わせ先
総務部 行政改革推進課
電話 0178-43-2150 (直通)
FAX 0178-45-2077 (代表)