記念ロゴマーク

市では、平成29年の八戸市市制施行88周年の効果的なPRを図るため、記念ロゴマークを作成するとともに、記念ロゴマークを使用する場合の手続等について必要な事項を定める要綱を制定しました。

この要綱で定める承諾を得ることで、記念ロゴマークの使用が可能となります。また、市制施行88周年を記念して実施する事業において市の協賛、後援等を受ける場合も、記念ロゴマークを使用する場合の手続と同様になります。

 1 申し込み

(1)記念ロゴマークを使用する場合、又は、(2)市制施行88周年を記念して実施する事業において市の協賛、後援等を受けようとする場合は、原則として、市長に申し込み、承諾を受ける必要があります。ただし、次に該当する場合は、使用の申し込みは不要です。

・国、地方公共団体、公共団体又は公共的団体が使用する場合

・報道機関が報道の目的に使用する場合

 2 使用期間

平成29年1月1日から平成30年3月31日までとします。

 3 申し込みの方法等

(1) 下記「8 記念ロゴマーク等の使用に関する要綱等」に掲載している申込書に、次の書類を添付して、総務課へ郵送又は直接窓口まで提出してください。

・企画立案書等記念ロゴマークの使用内容が分かるもの

・使用の見本又は広告の原稿等

・その他市長が必要と認める書類

(2) 市の審査により使用を承諾する場合は、承諾通知書を送付します。

 4 使用の制限

次に該当する場合は、使用の承諾をしない場合があります。

・個人若しくは団体のマーク又は商標として独占的に使用する場合

・特定の政治、宗教、思想等の活動に利用しようとする場合

・法令及び公序良俗に反し、又はそのおそれのある場合

・八戸市のイメージを損なうおそれのある場合

 5 使用の取り消し

次に該当する場合は、使用の承諾を取り消すほか、必要な措置を命ずることがあります。

・使用者が要綱に定める事項に違反した場合

・使用者が使用承諾に付した条件に違反した場合

・申込書の内容に虚偽のあることが判明した場合

・その他市長が適当でないと認めた場合

 6 記念ロゴマークの使用方法

下記「8 記念ロゴマーク等の使用に関する要綱等」に掲載しているデザインマニュアルに従って記念ロゴマークを使用してください。

 7 その他

使用承諾が取り消されたり、使用の停止を求められた場合に、使用者に損害が生じたとしても、市は、その責めを負いません。

使用者が、記念ロゴマークの使用により第三者に対して損害又は損失を与えた場合でも、市は、損害賠償、損失補償その他の法律上の責任を一切負いません。

 8 記念ロゴマーク等の使用に関する要綱等

要綱 [263KB PDF] 

申込書 [107KB PDF] 

申込書 [34KB DOC] 

デザインマニュアル [375KB PDF]