平成28年10月1日から、B型肝炎ワクチンが定期接種になりました

  • 対象は、平成28年4月1日以降に生まれた0歳児で、1歳になるまでに3回の接種を終える必要があります。
  • 1回目から3回目の接種を終えるまでには、おおよそ半年間かかります。
  • 平成28年4月、5月生まれのお子さんで、平成28年10月の定期接種以降初めてB型肝炎ワクチンを受ける場合は、10月時点で生後5~6か月が経過しているので、接種スケジュールの管理にご注意ください。 
  • 1歳を過ぎると定期接種の対象外となりますので、計画的に接種してください。

 B型肝炎及びB型肝炎ワクチンとは?

  • B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。
  • B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、感染したままの状態が続く場合(キャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、慢性肝炎が続くと肝硬変や肝がんへと重症化することもあります。
  • ワクチンの接種により体内にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(抗体)ができます。
  • 免疫ができることで、一過性の肝炎の予防ができるだけでなく、キャリアになることを予防でき、まわりの人への感染も防ぐことができます。 

 接種について

費用 無料(全額公費負担)※平成28年10月1日から
対象者 1歳に至るまでのお子さん(ただし、平成28年4月1日以降に生まれたお子さん)
※母子感染予防として出生後にB型肝炎ワクチンの接種を受けたお子さんは定期接種の対象外です。

標準的な

接種期間

生後2か月から生後9か月に達するまで
接種間隔等

1回目:0.25mlを1回皮下接種

2回目:1回目から27日以上の間隔をあけて、0.25mlを1回皮下接種
3回目:1回目から139日以上の間隔をあけて、0.25mlを1回皮下接種
接種場所 受託医療機関 [107KB PDF] での個別接種

お問い合わせ先
八戸市保健所 保健予防課 感染症対策グループ
電話 0178-43-9396(直通)
FAX 0178-43-2329