飲用井戸及び小規模受水槽の設置者は、水道の適正管理、水質に関する定期的な検査、汚染時の措置または汚染防止対策を図る必要があります。

飲用井戸

一般飲用井戸
個人住宅、寄宿舎、社宅、共同住宅等に居住する人に対し、飲用水を供給する井戸などの給水施設。

業務用飲用井戸
官公庁、学校、病院、店舗、工場その他の事業所等に対し、飲用水を供給する井戸などの給水施設。

小規模受水槽

 水道事業に用する水道又は専用水道から供給される水のみを水源とし、受水槽の有効容量が5㎥を超え、10㎥以下の小規模受水槽水道を有する施設。

.

1年以内ごとの水質検査が必要です

 飲用井戸や小規模受水槽を設置している方は、必ず1年以内ごとに水質検査を行ってください。
水質検査を依頼する場合、地方公共団体の機関又は厚生労働大臣の登録を受けた検査機関に依頼し検査を受けてください。

 ・厚生労働省の登録検査機関 (厚生労働省ホームページリンク)
 

汚染が判明した場合は・・・
人の健康を害するおそれがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し、利用者にその旨を周知するとともに、担当課へご連絡ください。
また、水質検査で、水道法に基づく水質基準を超える汚染が判明したときも担当課へご連絡ください。

.

参考

 ・八戸市飲用井戸等衛生対策要領 [169KB PDF] 

.

お問い合わせ先

衛生課 生活衛生グループ
電話 0178-43-9375
FAX 0178-43-2231