猫について、市民の方から寄せられる主な苦情は、「のら猫の繁殖に関すること」「放し飼いによる敷地内へのフン尿に関すること」「のら猫への無責任な餌やりに関すること」等です。
「室内に閉じ込めておくのはかわいそうだから」という理由などで放し飼いにすると、近隣住民に多大な迷惑をかけてしまいます。また、市内では、多くの身元不明の猫が、道路で車にはねられるなどし、死体として回収されている現状にあります。

 そうならないためにも、飼い主の皆さんは以下のことを心がけましょう。
 

  1. 子猫が生まれることを希望しない場合は、去勢や避妊手術を施すなどしましょう。
  2. 近隣住民に迷惑をかけないため、また、感染症予防や不慮の事故の防止のため、猫に迷子札をつけ室内で飼育し、屋外へ出すときはひも等でつなぐようにしましょう。
  3. 猫のフン等を確実に処理し飼育環境を常に清潔に保ち、悪臭等の発生防止に努めましょう。

  のら猫への無責任な餌やりは絶対にやめましょう。
餌を与えることでのら猫が集まり、繁殖能力が増すとたくさんの仔猫が産まれます。
(1年間に2~4回の出産が可能です。また、1回の出産で4~8匹産まれます)

動物の飼い主として守るべきこと

 ペットを飼うということは、その動物の命を預かるとともに、地域社会に対しても責任を持つということです。人とペットが快適に共生していくためには、飼い主の方のモラルやマナーがとても重要です。
 「動物の愛護及び管理に関する法律第7条では、飼い主が守るべきことが次のように定められています。


 1.健康・安全の保持と迷惑防止
    動物の習性などを理解し適正に飼うとともに、地域の生活環境や人への危害や迷惑を防止すること。
 2.病気の知識と予防
      動物の病気について正しい知識をもち、人や動物への感染の予防に注意を払うこと。
 3.逸走防止
      動物が逃げ出したり迷子になったりしないよう、対策をとること。
 4.終生飼養
      動物が命を終えるまで、責任をもって適切に飼うこと。
 5.繁殖制限
      適切に管理できるよう、むやみに動物の数を増やしたり繁殖させたりしないこと
 6.所有明示
      マイクロチップや迷子札などを着けることで、自分が飼っている動物だと分かるようにすること。

.

リンク

●環境省HP 動物の愛護と適切な管理
「宣誓!無責任飼い主0宣言!!」(パンフレット)
「捨てず 増やさず 飼うなら一生」(パンフレット)
「ふやさないのも愛」(パンフレット)
「マイクロチップはペットとあなたを結ぶ絆です」(パンフレット)
住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン

●青森県HP 青森県動物愛護センター
動物愛護センター相談窓口案内図

.
 

お問い合わせ先

衛生課 食品衛生グループ

電話 0178-43-2313