八戸市では、妊婦等に対する風しんの感染予防を図り、先天性風しん症候群の発生を未然に防ぐことを目的に風しん抗体検査とワクチン接種の費用助成を実施します。
助成を希望する場合は、事前の申請が必要です。

※先天性風しん症候群とは
妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると、胎児が風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、発達の遅れなどの障がいをもった赤ちゃんが生まれる可能性があります。これらの障がいを先天性風しん症候群といいます。

風しんの抗体検査とワクチン接種の費用助成について

実施期間

平成28年4月1日(金)から平成29年3月31日(金)まで

対象

検査日及び接種日において八戸市に住民登録があり、下記に該当する方。

(1)妊娠予定または妊娠を希望する女性

   ※申請日において16歳以上が対象です。
※すでに抗体検査を受検済みの方は抗体検査の対象から除きます。
受検済みの方は、抗体検査結果(検査結果の記載がある母子健康手帳等)の提示をお願いします。

(2)妊婦の夫(年齢、同居の制限なし)

(3)妊婦の同居家族(住民登録が同じ方に限る)
※妊婦のパートナーについては年齢制限はありませんが、それ以外の同居家族は、申請日において26歳以上が対象です。

助成内容

金額

※ワクチン接種費について、自己負担額を受託医療機関へお支払ください。

区分 助成率 自己負担 回数
(1)風しん抗体検査費 HI法 全額助成 0円 1回/人
EIA法 0円

(2)ワクチン接種費

※「(1)風しん抗体検査」の結果、抗体価が低い方のみ助成

風しん単独

1/2助成

(上限4,500円)

3,228円

1回/人
麻・風混合 5,187円

 

申請方法

検査・接種

方法

(1)申請書を事前に保健予防課へ提出し、助成券等の交付を受けます。
※申請書は保健予防課窓口及び市ホームページからダウンロードできます。

(2)助成券を受託医療機関へお持ちになり、抗体検査を受けます。

(3)医療機関から検査結果の説明を受け、抗体価が低い方のみワクチン接種します。
(抗体価が高い方は抗体検査のみで終了です。)

申請に必要

なもの

(1)妊婦の夫及び同居家族の申請には、当該妊婦の「母子健康手帳」又は「産婦人科医が発行する妊娠を証明する書類」が必要です。

(2)妊婦の夫の申請の際、妊婦の住民登録が八戸市外である場合は、婚姻関係を証明する書類(戸籍抄本)が必要です。

検査・接種

場所

受託医療機関で受けられます。(この表の下に一覧表を添付しています。)

注意事項

(1)この予防接種は予防接種法に基づかない「任意接種」です。
(2)妊娠中の女性や妊娠している可能性がある女性は、この予防接種を受けることができません。

(3)妊娠を希望している女性は、この予防接種後2か月間は避妊が必要です。

(4)風しん単独ワクチンがなければ麻しん風しん混合ワクチンを使用します。

お問い合わせ先

八戸市保健所 保健予防課 感染症対策グループ
電話 0178-43-9396(直通)
FAX 0178-43-2329