未熟児養育医療給付とは

身体の発育が未熟なままで生まれ、入院を必要とする乳児に対して、その治療に必要な医療費を給付する制度です。養育医療給付を受けることができるのは、全国の指定養育医療機関での治療に限られます。なお、世帯の所得税額に応じて、自己負担金が生じます。

対象者

八戸市内に居住する乳児(0歳児)で次に掲げるいずれかの症状を有し、医師が入院養育を必要と認めたもの。 

  1. 出生時体重が、2,000グラム以下のもの
  2. 生活力が特に弱く、次に掲げるいずれかの症状を示すもの

 一般状態

(ア)運動不安、けいれんがあるもの
(イ)運動が異常に少ないもの
体温 摂氏34度以下のもの

呼吸器

循環器系

(ア)強度のチアノーゼが持続するもの、
チアノーゼ発作を繰り返すもの
(イ)呼吸回数が毎分50を超えて増加傾向にあるか、
又は毎分30以下のもの
(ウ)出血傾向の強いもの
消化器系 (ア)生後24時間以上排便のないもの
(イ)生後48時間以上おう吐が持続しているもの
(ウ)血性吐物、血性便のあるもの
黄疸 生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの

指定養育医療機関

 八戸市内で養育医療を利用することができる医療機関は次のとおりです。

医療機関名 所在地 電話番号
八戸市立市民病院 八戸市田向字毘沙門平1 0178-72-5111
八戸赤十字病院 八戸市田面木字中明戸2 0178-27-3111
青森労災病院 八戸市白銀町南ヶ丘1 0178-33-1551

 ※なお、市外の医療機関については、お問い合わせください。

費用

1.医療費
養育医療にかかる医療費については、窓口で支払う必要はありません。
ただし、養育医療の給付対象外となる費用(例:おむつ代、ねまき代、差額室料、文書料等)については、直接病院にお支払ください。

2.自己負担
養育医療の自己負担金については、世帯の所得税額に応じて徴収金基準月額が決定されます。月の途中から医療を開始したり、月の途中で中止・退院した場合は、徴収基準月額を日割り計算した額を自己負担していただきます。
自己負担金については、入院後概ね2~3ヶ月経過後に、八戸市から「納入通知書」を送付いたしますので、最寄りの金融機関でお支払ください。
ただし、八戸市乳幼児等医療費助成に該当する方は、お支払いただく必要はありません。

申請方法等

 未熟児養育医療の給付が必要になった場合は、速やかに保健予防課へ申請してください。申請が遅れますと、助成が受けられなくなる場合があります。

必要書類は下記のとおりです。

必要書類

1.養育医療給付申請書

養育医療給付申請書 [85KB PDF]  

2.養育医療意見書(指定医療機関の医師に記入してもらいます)

養育医療意見書 [100KB pdfファイル] 

3.世帯調書

世帯調書 [145KB PDF] 

4.対象となるお子さんの健康保険証のコピー

  ※対象児本人の保険証がまだ交付されていない場合は,本人が加入する予定の保険証をお持ちください

5.印鑑

6.所得税額等を確認できる書類(世帯全員分)

  ※源泉徴収票または確定申告書の写し。

   ただし、所得税が0円の場合は必要ありません。

7.個人番号(マイナンバー)を確認できる書類(世帯全員分)

個人番号(マイナンバー)の確認が必要になります
  • 個人番号(マイナンバー)の確認で必要なもの
    • 申請者本人が申請を行う場合
      • 番号確認書類・・・申請者の個人番号カード、通知カードなど
      • 身元確認書類・・・申請者の個人番号カード、運転免許証、パスポートなど
    • 代理人が申請する場合
      • 代理権の確認書類・・・戸籍謄本(法定代理人)、委任状(任意代理人)など
      • 代理人の身元確認書類・・・代理人の個人番号カード、運転免許証、パスポートなど
      • 申請者の番号確認書類・・・申請者の個人番号カード、通知カードなど

※申請の際に、世帯全員分の個人番号を記入していただきます。番号が確認できるものをお持ちください。

  個人番号(マイナンバー)制度における本人確認について詳しくはこちら

 

注意事項

  • 養育医療券の有効期間は、最長1歳の誕生日前々日までとなります。
  • 申請後退院されるまでの間に、住所や加入健康保険などに変更があった場合には、必ず保健予防課へ届け出てください。
お問い合わせ先

八戸市保健所 保健予防課 保健福祉グループ
電話 0178-43-2292(直通)
FAX 0178-43-2329