2月は“風疹ゼロ”月間 ~2月4日は、風疹ゼロプロジェクトデー~

 『“風疹ゼロ”プロジェクト』とは、公益社団法人日本産婦人科医会が、先天性風疹症候群児の出生をゼロにし、風疹の完全抑制を目標とした活動を進めており、2017年に厚生労働省をはじめ、行政、各種団体等の理解、支援のもと、『“風疹ゼロ”プロジェクト』を立ち上げたものです。

“風疹ゼロ”プロジェクトメッセージ2018

 2月4日は“風疹(ゼロ)の日”ー『“風疹ゼロ”プロジェクト』ーを進めましょう。

 風疹にご注意!わが国では風疹流行のリスクはいまだに消えていません!

  1. 海外にでかけるなら風疹の用心と万全の対策を!
  2. 海外から帰国後の体調異変はもしかしたら風疹かも!診察をうけてから職場へ
  3. 30~50代の男性は風疹の抵抗力が弱い人が多く、ぜひMRワクチンを接種してください(かかりつけ医、職場健康相談で尋ねてください)。
  4. 妊娠を考えているおふたりへ 風疹対策は大丈夫ですか?予防接種は妊娠前に忘れずに!(各市町村で風しん抗体検査助成事業が実施されていますー詳しくは保健所へ)
 ※ 詳しくは、公益社団法人日本産婦人科医会のホームページをご覧ください。

  →「“風疹ゼロ”プロジェクトホームページ」

風しんとは

 風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症で、風しんへの免疫がない集団において、1人の風しん患者から5~7人にうつす強い感染力を有します。

 風しんウイルスの感染経路は、飛沫感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播します。

 症状は不顕性感染(感染症状を示さない)から、重篤な合併症併発まで幅広く、特に成人で発症した場合、高熱や発疹が長く続いたり、関節痛を認めるなど、小児より重症化することがあります。また、脳炎や血小板減少性紫斑病を合併するなど、入院加療を要することもあるため、決して軽視はできない疾患です。

 また、風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると、先天性風しん症候群の子どもが生まれてくる可能性が高くなります。

先天性風しん症候群とは

  風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの女性が風しんウイルスに感染すると、眼や心臓、耳等に障がいをもつ(先天性風しん症候群)子どもが出生することがあります。(妊娠1か月でかかった場合は50%以上、妊娠2か月の場合は35%などとされています)。

風しんの予防について

 風しんの予防のためには、予防接種が最も有効な予防方法といえます。

 風しんワクチンを接種することによって、95%以上の人が風しんウイルスに対する免疫を獲得することができると言われています。また、2回の接種を受けることで1回の接種では免疫が付かなかった方の多くに免疫をつけることができます。さらに、接種後年数の経過と共に、免疫が低下してきた人に対しては、追加のワクチンを受けることで免疫を増強させる効果があります。

 妊娠を予定または希望する女性は、妊娠前に風しんの予防接種を受け、風しんの免疫を獲得しておくことが最も重要です。また、風しんの免疫が十分でない妊婦の周りにいる方(妊婦の夫、子ども、その他の同居家族等)は、妊婦への感染を避けるため、風しんの免疫が十分と確認できた方以外は、予防接種を受けることをご検討のうえ、風しんを発症しないように予防に努めましょう。

風しんの抗体検査・予防接種について

お問い合わせ先

八戸市保健所 保健予防課 感染症対策グループ
電話 0178-43-2291(直通)
FAX 0178-43-2329