手足口病に注意しましょう

 幼い子どもがかかりやすく、夏に多い感染症の一つとされる「手足口病」の患者が、青森県内で増え続けています。

 現在、五所川原保健所管内で「手足口病警報」が発令されています。

手足口病とは

 手足口病は、ウイルスの感染により、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る感染症です。

 子ども(特に5歳以下の乳幼児)を中心に、主に夏に流行します。

 病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10などが原因になることもあります。なかでも、EV71は中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高いことが明らかとなっています。

感染経路

 感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)が知られています。

 特に、この病気にかかりやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは注意が必要です。

症状

 3~5日の潜伏期の後、口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。ほとんどの発病者は、数日間のうちに治る病気ですが、まれに、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症(特にEV71に感染した場合)などが起こる場合があります。

 近年、コクサッキーウイルスA6感染による手足口病では、発症後、数週間後に手足の爪の脱落が起こる症例(爪甲脱落症)が報告されていますが、自然に治るとされています。

 経過観察をしっかりと行い、高熱が出る、発熱が2日以上続く、嘔吐する、頭を痛がるなどの症状がみられた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

ヘルパンギーナに注意しましょう

幼い子どもがかかりやすく、夏に多い感染症として、「手足口病」のほかにも「ヘルパンギーナ」があります。

現在、ヘルパンギーナは全国各地で流行しており、注意が必要です。

ヘルパンギーナとは

 ヘルパンギーナは、ウイルスの感染により、発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発疹を特徴とした感染症です。

 子ども(特に5歳以下の乳幼児)を中心に、夏に流行する急性ウイルス性咽頭炎であり、いわゆる夏かぜの代表的疾患です。

 病気の原因となるウイルスは、大多数がエンテロウイルス属に属するウイルスに起因し、主にコクサッキーウイルスA群によるものとされています。

感染経路

 感染経路は、接触感染を含む糞口感染、飛沫感染です。

症状

 2~4日の潜伏期の後、突然の発熱に続いて咽頭痛が出現し、咽頭粘膜の発赤が顕著となり、口腔内に1~2mmの小水疱が出現します。小水疱がつぶれると潰瘍ができて痛みを伴うため、食事が摂りづらくなり、脱水症を起こすことがあります。発熱は2~4日程度で解熱し、その後粘膜疹も消えていきますが、まれに、発熱に伴って熱性けいれんを起こす場合や、無菌性髄膜炎、急性心筋炎などの合併症を起こす場合があります。

感染予防対策

 一般的な感染対策は、接触感染を予防するために、

  • 流水と石けんで手洗いをしっかりすること
  • 手洗い後のタオルは共用を避け、ペーパータオルなどの使い捨ての物を使用すること
  • 排泄物を適切に処理すること

 です。

 特に、保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員と子ども達が、しっかりと手洗いをすることが大切です。

 また、おむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしましょう。

 症状が回復した後も、2~4週間の長期にわたり便の中にウイルスが排出されますし、また、感染しても発病しないままウイルスを排出している場合もありますので、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。

 抵抗力が落ちると感染症にかかりやすくなりますので、エアコンで体を冷やしすぎないことや、十分な休息、睡眠をとることを心がけましょう。

【関連リンク】

お問い合わせ先
八戸市保健所 保健予防課 感染症対策グループ
電話 0178-43-2291(直通)
FAX 0178-43-2329