平成30年1月10日、八戸市保健所及び三戸地方保健所管内の「流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)」注意報が解除されました。

 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)とは?

  流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)は、片側あるいは両側の唾液腺の腫脹を特徴とする、ムンプスウイルスの感染によって起こる感染症です。通常1~2週間で軽快します。報告患者の年齢は4歳以下の占める割合が45~47%です。0歳は少なく、年齢とともに増加し、4歳が最も多く、続いて5歳、3歳の順に多く、3~6歳で約60%を占めています。
 感染経路は、飛沫感染、接触感染であり、その感染力はかなり強いとされています。潜伏期は、2~3週間(平均18日前後)。
 主な症状には、唾液腺の腫脹・圧痛、嚥下痛、発熱等があります。予防には、ワクチン接種が有効です。症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

【関連リンク】

■青森県 保健衛生課
青森県の感染症発生状況

■国立感染症研究所
流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ)

お問い合わせ先
八戸市保健所 保健予防課 感染症対策グループ
電話 0178-43-2291(直通)
FAX 0178-43-2329