平成29年6月1日~7日は『HIV(エイズ)検査普及週間』です。
八戸市保健所では、以下のとおり特設日を設定し、HIV即日検査を実施します。

日程

平成29年6月4日(日) 9:00~12:00 13:00~15:30 

※予約制 50分間隔(最大7名まで)
※定員に達した時点で予約を締め切りますのでご了承ください。

対象者

HIV検査を希望する人

※正確な検査結果を得るため、感染したと思いあたる日から3ヶ月以上経過してからお受けください。

場所

相談・診療室(八戸市庁 別館1階)

検査費用

無料

検査方法

・採血によるHIV即日検査(その他の性感染症検査は実施しません) 

・検査結果は、採血後20分程でお知らせします。

※今回は、その他の性感染症検査は実施しませんが、毎月第2・4木曜日の検査日においては、希望によりHIV検査とあわせて性感染症検査(性器クラミジア、梅毒)も無料で受けられます。ただし、検査結果は、2週間後に来所していただき、お知らせします。

平日のエイズ相談・HIV検査についての詳細は、コチラをご覧ください → 平日のエイズ相談・HIV検査について

予約

【HIV(エイズ)検査予約電話】0178-43-2294

・希望する方は、6月2日(金)までに電話予約をしてください(イニシャルで予約できます)

・予約は、検査を受ける方本人に限ります(事情がある場合は除く)

・キャンセル時は、必ずご連絡をお願いします。

その他 注意事項

・庁舎入り口では、氏名を記入せずに、そのまま「相談・診療室」にお進みください。

・HIV即日検査では、100人に1人(1%)位の人が感染しているかどうかわからないことがあります(判定保留)。
その場合には、確認検査が必要となりますので、2週間後に再度来所していただくことになります。

(参考)エイズとは

 エイズ(AIDS)は、「後天性免疫不全症候群」を略した言葉です。HIVウイルスの感染により免疫機能が低下し、健康時には抑えられていた病原性の弱い微生物やウイルスが暴れだし、さまざまな病状が現れ「日和見(ひよりみ)感染」などを起こします。

 HIVに感染しても、ほとんどの人には症状がありません。この症状がない状態は長い間続きますが、この状態を「無症候性キャリア」といいます。さらに免疫が弱くなると、いくつかの日和見感染などをおこします。この状態を「エイズの発症」といいます。つまり、エイズ発症とHIV感染は違うということです。

エイズの感染経路  

(1)性行為による感染

 日本国内で圧倒的に多いのが、性行為による感染です。HIVは、感染者の血液、精液、膣分泌液から、その性行為の相手の性器や肛門、口などの粘膜や傷口を通って感染します。

(2)血液を介しての感染

 HIVが存在する血液の輸血、または麻薬の回し打ちによる注射器具の共用などによって感染します。

(3)母子感染

 母親がHIVに感染している場合、妊娠中や出産時に赤ちゃんに感染することがあります。母乳による感染の報告もあります。

問い合わせ先

八戸市保健所 保健予防課 感染症対策グループ
電話 0178-43-2291(直通)
FAX 0178-43-2329

 ※ご予約については、エイズ専用電話:0178-43-2294へお願いします。