八戸市ハイリスク妊産婦アクセス支援事業のお知らせ

八戸市では、特定の病院で通院等を必要とする妊産婦さんや生まれた赤ちゃんの面会等のために要した、八戸市内の自宅からの交通費及び宿泊費の一部を助成しています。

助成対象者

八戸市に住所を有する方で、次の要件で通院及び入院している妊産婦

(ア)ハイリスク妊娠管理加算またはハイリスク分娩管理加算を算定された妊産婦、またはそれに相当する疾患を有する妊産婦

(イ)NICU(新生児特定集中治療室)またはGCU(新生児治療回復室)に入院している新生児をもつ産婦

対象となる医療機関

  • 青森県立中央病院(総合周産期母子医療センター)
  • 弘前大学医学部附属病院(地域周産期母子医療センター及び特定機能病院)
  • 岩手医科大学附属病院(総合周産期母子医療センター及び特定機能病院)

助成内容

1.助成の対象となる期間

 (1)『助成対象者』の(ア)に該当する方

 ⇒診療のために通院または入院、待機宿泊を開始した日から、通院または入院等が終了する日まで

 (最大産後6週間まで)

 (2)『助成対象者』の(イ)に該当する方

 ⇒新生児がNICUまたはGCUに入院した日から退院した日まで(最大産後2ヶ月まで)

 (3)  (1)・(2)どちらにも該当する方

 ⇒上記2つを比較していずれか遅い日まで

2.助成金額

【交通費】

  • 公共交通機関(バス・電車等)
  • 自家用車(運転は本人、家族可)
  • タクシー
  • 有料道路
  • 有料駐車場

 ⇒(1)八戸市内から青森県立中央病院まで片道あたり定額2,000円

   (2)八戸市内から弘前大学医学部附属病院または岩手医科大学附属病院まで片道あたり定額3,000円

【宿泊費】妊産婦1人1泊あたり上限額2,500円

1回の妊娠・分娩につき上限50,000円まで助成します。

申請方法

申請期限

助成の対象となる期間が満了した際は、速やかに申請してください。

※年度内の申請が必要となりますので、平成31年度分(令和元年分)の申請期限は、令和2年3月31日(火)です。

※助成対象期間が年度を超える場合は、3月中に八戸市保健所 健康づくり推進課担当者までご連絡ください。

  助成対象期間初日から令和2年3月31日までの経費について、令和2年4月6日(月)までに必ず申請する必要があります。

申請に必要なもの

(1)ハイリスク妊産婦アクセス支援事業助成金申請書(兼八戸市ハイリスク妊産婦アクセス支援事業助成金申請明細書)

  1)必要事項を記入後、1度病院へ提出し、治療開始日、疾患名等を記入してもらいます。

  2)治療終了時または退院時には再度病院へ提出し、治療終了日または退院日を記入してもらいます。

 ※NICUまたはGCUに入院している児を面会した時の費用のみ申請する場合は、B面(裏面)の記入は不要です。

 ※印刷して使用する際は、必ず両面印刷としてください。

【様式】

ハイリスク妊産婦アクセス支援事業助成金申請書 [26KB xlsx] 

【記入例】

(2)青森県周産期母子医療センターNICU・GCU面会状況報告書兼八戸市周産期母子医療センターNICU・GCU面会状況報告書)

  NICU又はGCUに入院している児の面会に係る産婦のみ必要です。

  1)必要事項を記入後、病院へ提出し、入院日を記入してもらいます。

  2)児の面会の都度、病院へ提出し、面会日を病院スタッフに記入してもらいます。

  3)退院時または入院中でも年度末を迎える場合には、再度病院へ提出し、退院日や最終確認日を記入してもらいます。

 ※印刷して使用する際は、必ず両面印刷としてください。

【様式】

青森県周産期母子医療センターNICU・GCU面会状況報告書 [31KB docx]

【記入例】 

(3)母子健康手帳

(4)受診日が記載されている領収書及び明細書

 ※母子健康手帳に記載されている日以外でハイリスク疾患や分娩に係る疾患の受診をした場合や他科でハイリスクに係る疾患で受診した場合に必要です。

 ※領収書は受診者本人、受診年月日、医療機関名、領収金額、領収印が明記されたものに限ります。

(5)交通費(タクシー・有料道路・有料駐車場)に係る領収書

 ※タクシーを利用した場合は、領収書を受領し、発着地を記入してください。

(6)宿泊費に係る領収書

(7)申請者名義の預貯金通帳

 ※ゆうちょ銀行の場合は、他金融機関からの振込み用店名、預金種目、口座番号があること。

 ※自分の通帳がない場合は、配偶者の通帳と印鑑が必要になります。

(8)印鑑(スタンプ式不可、認印可)

申請手続きの流れ

1.『助成対象者』に該当した場合、八戸市保健所健康づくり推進課へ(1)『ハイリスク妊産婦アクセス支援事業助成金申請書』・(2)『周産期母子医療センターNICUGCU面会状況報告書』(児がNICUに入院した場合)を受け取りに来ます。

2. (1)『ハイリスク妊産婦アクセス支援事業助成金申請書』・(2)『周産期母子医療センターNICU・GCU面会状況報告書』に必要事項を記入の上、都度病院に提出していただきます。

3.助成金申請のために必要な書類をそろえ、八戸市保健所 健康づくり推進課へ提出します。

4.健康づくり推進課窓口にてお渡しする請求書に、口座情報の記入・捺印をしていただきます。

5.健康づくり推進課において審査の上、助成の可否、助成額を決定し、申請者に郵送で通知します。申請書受理から1ヶ月程度で指定の口座に振込みます。

申請・お問い合わせ先

八戸市保健所 健康づくり推進課 健康推進グループ(市庁別館2階)

〒031-8686 八戸市内丸1-1-1
電話 0178-43-9061(直通)
FAX 0178-47-0745