(1)障がい者(児)に関すること

(2)高齢者に関すること

(1)障がい者(児)に関すること

特別児童扶養手当

特別障害者手当

障害児福祉手当

その他

 ページの先頭 ページの先頭

(2)高齢者に関すること


Q(1)-1:身体障害者手帳を取得するにはどうすればいいですか。

回答A(1)-1:

指定医師により作成された身体障害者手帳用の診断書、顔写真2枚(4cm×3cm)、はんこ(スタンプ印不可)をお持ちの上、障がい福祉課へお越しください。
指定医師については、下記へお問い合わせください。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-2:特別児童扶養手当はどういう人が手当を受けられるのですか。

回答A(1)-2:

日本国内に住所があり、精神または身体に中度以上の障がいを有する20歳未満の児童を監護している父または母、もしくは父母にかわって児童を養育している人で、県が認定した人に手当が支給されます。ただし、所得制限があります。また、児童が児童福祉施設などに入所しているときや児童が障がいを支給事由とする公的年金を受けることができるときは手当は支給されません。なお、障害者手帳をお持ちでなくても申請できます。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-3:特別児童扶養手当の額と支払方法を教えてください。

回答A(1)-3:

平成29年4月から、手当の月額は重度障がい児の場合は51,450円、中度障害児の場合は34,270円です。
手当は県の認定を受けると、認定請求をした月の翌月分から支給されます。4月、8月、11月の3回、支払月の前月までの分(11月は8月から11月分)が指定された口座への振り込みにより支給されます。
各支払月の11日(土日祝日の場合にはその前日)が支給日です。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-4:特別障害者手当はどういう人が手当を受けられるのですか。

回答A(1)-4:

精神または身体に重度の障がいがあるため、日常生活において常時特別な介護を要する在宅の20歳以上の方に支給されます。ただし、所得制限があります。なお、障害者手帳をお持ちでなくても申請できます。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-5:特別障害者手当の額と支払方法を教えてください。

回答A(1)-5:

平成29年4月から、特別障害者手当の月額は26,810円です。手当は認定を受けると、認定請求をした月の翌月分から支給されます。5月、8月、11月、2月の4回、支払月の前月までの分が指定された口座への振り込みにより支給されます。各支払月の8日(土日祝日の場合にはその前日)が支給日です。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-6:障害児福祉手当はどういう人が手当を受けられるのですか。

回答A(1)-6:

精神または身体に重度の障がいがあるため、日常生活において常時介護を要する在宅の20歳未満の方に支給されます。ただし、所得制限があります。なお、障害者手帳をお持ちでなくても申請できます。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-7:障害児福祉手当の額と支払方法はどうなっていますか。

回答A(1)-7:

平成29年4月から、障害児福祉手当の月額は14,580円です。手当は認定を受けると、認定請求をした月の翌月分から支給されます。5月、8月、11月、2月の4回、支払月の前月までの分が指定された口座への振り込みにより支給されます。各支払月の8日(土日祝日の場合にはその前日)が支給日です。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-8:自立支援医療(精神通院)の更新は、いつから手続きできますか。

回答A(1)-8:

有効期限の3か月前から手続きできます。手続きに必要なものについては、下記へお問い合わせください。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-9:精神障害者保健福祉手帳の更新は、いつから手続きできますか。

回答A(1)-9:

有効期限の3か月前から手続きできます。手続きに必要なものは、下記へお問い合わせください。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-10:重度心身障害者医療費の助成対象者は?

回答A(1)-10:

身体障害者手帳・愛護手帳・精神保健福祉手帳を所持している方で、次の(1)~(4)に該当する方が対象です。
(1) 身体障害者手帳1・2級の方
(2) 身体障害者手帳の内部障がい(免疫・肝臓は除く)で3級の方(重複障害を除く)
(3) 愛護手帳Aの方
(4) 精神保健福祉手帳1級の方

いずれの場合にも、手帳交付時に65歳未満であることが条件です。また、(1)~(4)に該当する方が65歳に到達したとき(他市町村から65歳に到達した時点で転入した場合も含む)は、後期高齢者医療制度への加入が必要となります。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-11:障がいがあるため手術をする予定ですが、医療費の助成はありますか。

回答A(1)-11:

あります。
18歳未満の場合は、身体障害者手帳の有無は問いませんが、18歳以上の場合は、身体障害者手帳をお持ちの方が対象となります。医療内容にもよりますので、下記へお問い合わせください。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-12:聴覚障がいの身体障害者手帳は持っていませんが、補聴器の購入費の助成はありますか。

回答A(1)-12:

あります。
18歳未満の方への助成制度がありますので、下記へお問い合わせください。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-13:身体障害者巡回診査を受診するのに事前の申請は必要ですか。

回答A(1)-13:

必要ありません。実施日時、会場、持ち物については事前に広報はちのへや、ホームページでお知らせいたしますので、当日に直接会場までお越しください。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-14:バス券やタクシー券はどのような人がもらえますか。

回答A(1)-14:

バス券(障害者バス特別乗車証)は、身体障害者手帳4級以上の方、愛護手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている6歳以上の方が対象です。なお、所得により年額1,000円または2,000円の利用料が必要です。(生活保護受給者は無料)
タクシー券(タクシー料金の助成)は、在宅で身体障害者手帳1級または愛護手帳(療育手帳)Aの交付を受けている方が対象です。なお、一定限度額以上の所得がある場合は交付されません。
また、バス券とタクシー券は、両方とも受けることはできませんので、どちらか選択していただきます。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-15:手話通訳を市に依頼することはできますか。

回答A(1)-15:

聴覚障がい者または音声・言語機能障がい者の方の諸手続きなどに手話通訳が必要な場合には、手話通訳者を派遣します。派遣依頼日の1週間前までに、電話またはFAXにて下記へお問い合わせください。
※個人対象となります。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 障がい福祉グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9106 FAX 0178-22-4810

Q(1)-16:障がい福祉サービスには、具体的にどのようなサービスがありますか。

回答A(1)-16:

家庭などで利用する「訪問系サービス」、施設などで昼間に利用する「日中活動系サービス」、施設などに入所して利用する「居住系サービス」があります。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 自立支援グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9343 FAX 0178-22-4810

Q(1)-17:身体障害者手帳を持っていませんが、難病で治療を受けています。障害福祉サービスは利用できますか。

回答A(1)-17:

障害者総合支援法で定める難病の方は、身体障害者手帳を持っていなくても、難病に羅患していることがわかる証明書(診断書または特定疾患医療受給者証など)があれば、障害福祉サービスを利用することができます。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 自立支援グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9343 FAX 0178-22-4810

Q(1)-18:就労継続支援サービスのA型とB型はどう違うのですか。

回答A(1)-18:

就労継続支援サービスのA型は、障がい者が事業者と雇用契約を結び就労する「雇用型」です。おおむね最低賃金以上の時給による給与を得られ、月20日程度(1日当たり3~5時間程度)の就労で月4万円~6万円程度の収入となります。
就労継続支援サービスのB型は、障がい者が事業者と障がい福祉サービスの利用契約を結び利用する「非雇用型」です。 軽作業などによって工賃を得られ、月数千円~2万円程度の収入が得られます。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 自立支援グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9343 FAX 0178-22-4810

Q(1)-19:障がい者虐待を発見した場合、どこに相談・通報したらいいですか。

回答A(1)-19:

障がい者虐待を発見した際は、八戸市障害者虐待防止センター(下記4か所)へ通報してください。どちらにご連絡いただいてもかまいません。

通報窓口
電話番号
受付時間
八戸市障がい福祉課
自立支援グループ
0178-43-9343
月~金(祝日,年末年始を除く)
8:15~17:00
障害者相談・活動支援センター
ぴあみなと
所在地:廿三日町
0178-44-4456
月~土 9:00~17:00
090-7331-3885
日曜・祝日・夜間
地域生活支援センター
青明舎(せいめいしゃ)
所在地:田面木
080-1804-3500
365日・24時間対応
地域活動支援センター
ハートステーション
所在地:小中野
0178-46-5431
365日・24時間対応

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 自立支援グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9343 FAX 0178-22-4810

Q(1)-20:学校への登下校の送迎をしてくれるサービスはありますか。

回答A(1)-20:

現在、送迎を行う福祉サービスはありませんが、利用可能なものとして八戸市福祉有償運送があります。
福祉有償運送の利用に当たっては、障がい福祉課での手続きは不要です。
詳細については、下記一覧の各事業所へ直接お問い合わせください。

法人名
主たる事業所名
所在地
TEL0178)
(福)豊寿会
妙光園
八戸市大字妙字分枝27-1
25-2111
(福)東幸会
東幸園
八戸市大字大久保字生平
44-77
35-2002
サンシャイン
八戸市東白山台二丁目2-1
23-5050
(福)親泉会
こだまの園
八戸市大字是川字楢館平
30-22
71-8322
(福)やすらぎ会
松舘療護園
八戸市大字松館字田ノ平
19-1
25-2277
(福)同伸会
瑞光園ホームヘルパーステーション
八戸市大字大久保字大山
32-1
25-7557
(福)さつき会
デイセンター
「アップル」
八戸市是川二丁目15-1
96-4091
八戸医療生活協同組合
八戸市医療生活協同組合 本部
八戸市南類家一丁目17-2
71-3456
(福)ぶさん会
柿の木苑
八戸市根城九丁目18-23
22-8011
NPO法人 花さき村
花さき村
八戸市小中野五丁目
14-15
46-1104
(福)寿栄会
特別養護老人ホーム 寿楽荘
八戸市大字市川町字夏秋4
52-5151
(特非)アライブ・パル
アライブ・パル
八戸市青葉二丁目16-13
72-4557
(福)スプリング
特別養護老人ホーム 福寿草
八戸市大字妙字西平6-27
25-0100
ケアプラザさざなみ
八戸市小中野八丁目9-20
(福)ユートピアの会
リヴェール
ユートピア
八戸市大字美保野
13-2132
25-6056
ジョイフルパーク
ユートピア
八戸市大字白銀町字姥畑
2-4
NPO法人 ラ・シャリテ
ラ・シャリテ福祉運送サービス
(シルバーピュア八戸 内)
八戸市大字田向字土岡河原1
20-8228

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 自立支援グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9343 FAX 0178-22-4810

Q(1)-21:障がい児の通所サービスを利用したいのですが、障害者手帳を持っていなければ利用できませんか。

回答A(1)-21:

障がい児の通所サービス(障害児通所支援)を利用する上で、障害者手帳の所持は必須ではありません。ただし、サービスの対象となるかを判断するために、診断書などの提出が必要になる場合があるので、事前に下記へお問い合わせください。

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 自立支援グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9343 FAX 0178-22-4810

Q(1)-22:障がい者(児)や、その家族が抱える日常生活の困りごとについて、どこか相談できる場所がありますか。

回答A(1)-22:

下記の事業所で専門の相談員がご相談をお受けします。相談料は無料です。来所相談は、事前に予約が必要となりますので、直接各事業所へお問い合わせください。

事業所名
連絡先
住所
開所日時
八戸市障害者地域生活支援センター
ハピア
Tel
0178-44-9377
Fax
0178-44-9382
八戸市類家4丁目3-1
八戸市身体障害者更生館内
〔電話相談〕
年中無休24時間受付
〔来所相談〕
月~日 9:00~18:00
(12/31、1/1を除く)
障害者相談・活動支援センター
ぴあみなと
Tel・Fax
0178-44-4456
八戸市廿三日町18
〔電話・来所相談〕
月~土 9:00~16:00(祝日を除く)
地域活動支援センター
ハートステーション
Tel・Fax
0178-46-5431
八戸市小中野4丁目1-60
〔電話・来所相談〕
月~土 8:30~17:30(祝日を除く)
地域生活支援センター
青明舎(せいめいしゃ)
Tel・Fax
0178-70-2088
八戸市大字田面木字赤坂35-35
〔電話相談〕
月~土9:00~16:30
〔来所相談〕
月・金 9:00~12:00
火~木 9:00~16:00
土   13:00~16:00

お問い合わせ先

福祉部 障がい福祉課 自立支援グループ 障がい福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9343 FAX 0178-22-4810

Q(2)-1:最近、物忘れが増えてきて、認知症ではないかと心配です。物忘れと認知症の違いは何ですか。

回答A(2)-1:

認知症は経験したこと全体を忘れてしまったり、目の前にいる人が誰か分からなくなったりします。また、やる気がなくなったり、性格が変わったり、今までできていたことができなくなったりします。
詳しくは、「認知症の人と家族の道しるべ手帳-八戸市認知症ケアパス- 認知症たすけるすけ」をご覧ください。

お問い合わせ先

福祉部 高齢福祉課 地域包括支援センター 高齢福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9189 FAX 0178-43-2442

Q(2)-2:家族が認知症かもしれません。どうしたらいいですか。

回答A(2)-2:

人によって認知症の症状はさまざまで、早い段階で専門医の受診が必要な場合もあります。受診に関しては、八戸市地域包括支援センター(高齢福祉課内)にご相談ください。
認知症簡易チェックリストでチェックしてみましょう。チェックの結果、不安が残る場合は、「認知症の人と家族の道しるべ手帳-八戸市認知症ケアパス- 認知症たすけるすけ」を参考に、早めに相談されることをお勧めします。

お問い合わせ先

福祉部 高齢福祉課 地域包括支援センター 高齢福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9189 FAX 0178-43-2442

Q(2)-3:認知症が心配で専門医を受診するときに注意することはありますか。

回答A(2)-3:

(1)受診の前に、まずは電話で受診する曜日や時間帯について相談されることをおすすめします。
(2)必要な場合はかかりつけ医に相談して紹介状を出してもらいましょう。
(3)本人のことがよく分かる人(家族など)とできるだけ一緒に受診しましょう。先生の質問に答えたり、聞きたい事を忘れないようにするためにも、メモを活用しましょう。
(4)普段飲んでいる薬についてお薬手帳やお薬の説明書を持参しましょう。
*詳しくは「認知症の人と家族の道しるべ手帳-八戸市認知症ケアパス- 認知症たすけるすけ」をご覧ください。

お問い合わせ先

福祉部 高齢福祉課 地域包括支援センター 高齢福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9189 FAX 0178-43-2442

Q(2)-4:要介護認定を受けています。所得税および市県民税の所得控除の際に必要な「障害者控除対象者認定書」の交付を受けるには、どうすればいいですか。

回答A(2)-4:

介護保険被保険者証と申告する方のはんこをお持ちの上、高齢福祉課窓口へお越しください。詳しくは、「介護認定者に「障害者控除対象者認定書」を交付します」をご覧ください。

お問い合わせ先

福祉部 高齢福祉課 高齢福祉グループ 高齢福祉課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9104 FAX 0178-43-2442