Q(1)-1:市税の納付を口座振替にできますか。

回答A(1)-1:

口座振替にできる市税は、市県民税(普通徴収分)・固定資産税・軽自動車税・国民健康保険税(普通徴収分)です。
※ 市県民税(特別徴収分)、法人税は口座振替できません。

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-2:口座振替にするにはどうしたらいいのですか。

回答A(1)-2:

市庁別館3階収納課窓口、市内各金融機関、市内各ゆうちょ銀行・郵便局の窓口でお申し込みください。
窓口へ行くのが困難であれば、収納課へお電話ください。口座振替依頼書を送付いたしますので、ご記入の上、郵送にてお申し込みください。
振替開始時期は、ゆうちょ銀行で申し込みされた場合は翌月の納期分から振り替えとなります。その他の金融機関で申し込みされた場合、毎月10日までの申し込みであれば、その月の納期分から振り替えとなります。ただし、納期限日を過ぎた分については振り替えできません。

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-3:今まで固定資産税を口座振替にしていたのに、今回は口座から引き落としされていません。どうしてですか。

回答A(1)-3:

昨年中に登記の名義変更を行っていませんか?
固定資産税は、原則として毎年1月1日現在の登記名義人にその年度の税金がかかることになります。
このため、昨年中に登記の名義変更を行った場合、今年度からは新しい登記名義人が固定資産税の納税義務者となります。
口座振替のお申し込みにつきましては納税義務者ごとの登録となっておりますので、新しい納税義務者が納める分としての口座振替のお申し込みが必要となります。
ただし個別に異なる場合もございますので、詳しくは収納課へお問い合わせください。

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-4:口座振替を利用していますが、納税義務者または口座名義人が死亡した場合はどうしたらいいのですか。

回答A(1)-4:

すぐに収納課までご連絡ください。相続人代表宛に納付書を送付します。
また、固定資産税の場合、年内に相続登記をされた場合は、翌年度からは新たな所有者に対して課税されますので、口座振替を希望される場合は、あらためて手続きが必要となります。
相続登記がまだの方は、翌年度については資産税課から通知を送付します。

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-5:私の固定資産は、個人名義のほかに妻との共有名義の物件があります。(納税通知書がそれぞれで来ています。)口座振替にしようと思うのですが、口座振替依頼書はそれぞれ(1通ずつ)必要ですか。

回答A(1)-5:

その通りです。個人名義と共有名義の固定資産税は納税義務者が異なりますので、それぞれで登録する必要があります。
通知書番号ごとに口座振替依頼書をご提出ください。

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-6:残高不足などで引き落としが出来なかった時の納税はどうなるのですか。

回答A(1)-6:

振り替えは納期限に1度のみです(再振替はしていません)。振り替えできなかった場合は、収納課から「口座振替不能通知書及び納付書」が送付されますので、収納課または金融機関などの窓口で直接納めてください。
なお、全期一括で申し込みの場合は、1期のみの残高があっても引き落としされず、口座振替不能通知書及び納付書には1期分の金額が記載されます。(この場合、2期以降からは各期別で口座から引き落としされます。)

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-7:口座振替が行われた場合、何か通知書が送付されるのですか。

回答A(1)-7:

国民健康保険税については、1月上旬に「口座振替済通知書」を送付します。
国民健康保険税以外の市税については、原則として送付しません。振替結果については、お手元の預貯金通帳により確認をお願いします。
継続検査が必要な軽自動車を所有している方へは、「軽自動車税納税証明書(継続検査用)」を送付します。

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-8:口座振替をやめたい時はどうするのですか。

回答A(1)-8:

市税の口座振替を解約するには、「口座振替廃止届出書」を提出してください。
新規申し込みと同様、収納課窓口、市内各金融機関、市内各ゆうちょ銀行、郵便局の窓口にて受付しています。

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-9:口座振替の内容(金融機関・口座番号・全期一括⇔各期の振替方法など)を変更したいのですが。

回答A(1)-9:

口座振替の内容を変更するには、変更依頼書を提出してください。
新規申し込みと同様、収納課窓口、市内各金融機関、市内各ゆうちょ銀行、郵便局の窓口にて受付しています。電話での変更手続きは出来ませんので、ご協力をお願いいたします。

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-10: 市外に住む者ですが、都市銀行の口座から引落しにできますか。

回答A(1)-10:

市税を口座振替できる口座は八戸市内の支店口座(青森銀行・みちのく銀行・青い森信用金庫は青森県内の店舗を、八戸農協は三戸郡内の店舗を含む)か、全国のゆうちょ銀行の口座となっております。
都市銀行の口座は登録できませんので、ご了承ください。

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-11: 納付書が新しくなりましたが、古い納付書は使えますか。

回答A(1)-11:

すでにお持ちの古い形式の納付書は、今後も従来通りお使いいただけます。八戸市内金融機関、各市民サービスセンター、南郷事務所、収納課(市庁別館3階)で納付可能です。(コンビニエンスストアでの納付はできません。)

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-12: 新しい納付書はどこで使えますか。

回答A(1)-12:

新しい納付書は、従来の八戸市内金融機関、各市民サービスセンター、南郷事務所、収納課(市庁別館3階)に加え、ゆうちょ銀行・郵便局(東北6県内に限る)、全国のコンビニエンスストア、MMK設置店(県内ユニバース各店、イオン各店等)で納付することが可能です。

◎納付できるコンビニエンスストア
サークルK、サンクス、セブン−イレブン、デイリーヤマザキ、ニューヤマザキデイリーストア、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ヤマザキデイリーストアー、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン、ローソンストア100、くらしハウス、コミュニティ・ストア、スリーエイト、スリーエフ、生活彩家、セイコーマート、セーブオン、タイエー、ハセガワストア、ハマナスクラブ、ポプラ
お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-13: コンビニエンスストアで納付書が使えませんでしたが、なぜですか。

回答A(1)-13:

以下の場合は、コンビニエンスストアでの納付ができません。

  • コンビニ取扱期限が過ぎたもの(納付書左下に記載されています)。
  • 納付書にコンビニ納付用のバーコードが印字されていないもの。
  • 納付書1枚の合計納付額が30万円を超えるもの。
  • 金額を加筆・訂正したもの。
  • 破損や汚損などでバーコードが読み取れないもの。
お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-14: 納付書を紛失してしまいました。再発行できますか。

回答A(1)-14:

納付書の再発行は可能です。収納課へご連絡ください。

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-15: 納付したはずなのに、督促状が届きました。なぜですか。

回答A(1)-15:

市税を金融機関やコンビニで納付した場合、納付確認に2週間程度の時間がかかる場合があり、行き違いで督促状が発送されてしまうことがあります。市税を納付したのに督促状が届いた場合は、お手元の領収証書をご確認いただき、年度・税目・整理番号・納期限・税額が同じ場合は行き違いですので、督促状は破棄してください。
また、第1期分を納めるつもりで誤って第2期分の納付書を使って納めてしまったような場合には、第1期分は未納扱いとなり督促状が発送されてしまいます。このような期別誤りによる督促状が届いた場合は、収納課までご連絡ください。

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753

Q(1)-16: コンビニで納付したあと、市役所で「納税証明」を申請したところ、「まだ未納です」と言われました。なぜですか。

回答A(1)-16:

コンビニで納付した場合、それが市役所に連絡・送金されるまで2週間程度かかる場合があります。このため、コンビニで納付してすぐに「納税証明」を申請される場合は、必ず領収書をお持ちください。

お問い合わせ先

財政部 収納課 管理グループ 収納課へのお問い合わせフォーム
電話 0178-43-9172 FAX 0178-47-0753