8月末締め切りの児童扶養手当現況届及びひとり親家庭等医療費の更新申請について、まだ手続きが済んでいない方は、8月以降の手当や医療費助成を受けることができませんので、速やかに手続きを行ってください。

 平成29年度の現況届・更新申請書の用紙等は、7月28日に全対象者へ郵送しています。用紙を紛失した場合は、下記を確認し必要なものをご持参の上、手続きにお越しください。

 なお、手続の際には家庭の状況についてお聞きしますので、手続きは必ず申請者ご本人が来庁してください。(代理申請や郵送での受付はできません。)
 

平成29年度(28年中)の所得課税証明書

所得の申告をしていない方や、平成29年1月2日以降に転入した方は、平成29年1月1日現在の住所地の市区町村の発行する所得課税証明書(扶養人数や控除の内訳の記載があるもの)が必要です。

収入がなかった場合や、どなたかの扶養になっていた場合でも、現況届・更新手続にあたっては申告し所得課税証明書の提出が必要です。

児童扶養手当現況届

児童扶養手当の制度内容についてはこちら

児童扶養手当現況届について

現況届は、受給資格者全員(支給停止者含む)が提出する書類です。
下記「児童扶養手当現況届記入例」を参考に記入・押印してください。(スタンプ印不可)

 児童扶養手当現況届記入例 [428KB pdf]  

現況届提出時に必要なもの

  1. 児童扶養手当現況届
  2. 家庭状況等に関する調書
  3. 認印(スタンプ印不可)
  4. 児童扶養手当証書(クリーム色の証書)
    ※全部支給停止の方は不要です。
  5. 養育費等に関する申告書
  6. 平成29年度の所得課税証明書(所得の申告をしていない方や、平成29年1月2日以降に転入した方のみ)
  7. その他必要な書類
    ※各家庭の状況により提出書類が異なります。現況届に同封してある書類をご確認ください。
    ※「児童扶養手当一部支給停止適用除外事由届出書」を提出していない方は、現況届と一緒に提出してください。(対象の方には、6月に書類を送付しました。)

現況届に関する注意事項

  • 現況届の提出がないと、8月以降の手当が受けられなくなります。
  • 2年間提出しないと受給資格がなくなります。

 ひとり親家庭等医療費受給資格更新

 ひとり親家庭等医療費の制度内容についてはこちら

更新申請について 

更新申請は、受給者全員が提出する書類です。
下記「ひとり親家庭等医療費更新申請書記入例」を参考に記入・押印してください。(スタンプ印不可)
記載事項(加入保険や同居親族等)に変更がある場合は二重線及び訂正印で訂正してください。

 ひとり親家庭等医療費更新申請書記入例 [451KB pdf] 

更新申請に必要な物

  1. 八戸市ひとり親家庭等医療費受給資格認定(更新)申請書(兼同意書)
  2. 家庭状況等に関する調書
  3. 認印(スタンプ印不可)
  4. 八戸市ひとり親家庭等医療費受給資格証(オレンジ色、児童分のみ発行)
  5. 八戸市ひとり親家庭等医療費受給資格証明書 (更新申請書と一緒に送付しております)
  6. 健康保険証(受給者本人及び受給資格の有る児童全員分)
  7. その他状況により必要な書類
    ※各家庭の状況により提出書類が異なります。更新申請書に同封してある書類をご確認ください。

受給資格証について

手続きが済むと、現在お持ちの受給資格証(オレンジ色)及び受給資格証明書と引き換えに新しい受給資格証(クリーム色)をお渡しします。
受け取った日から新しい受給資格証を使用できます。

八戸市ひとり親家庭等医療費受給資格証明書 

八戸市ひとり親家庭等医療費受給資格証明書とは

受給者が現在お持ちのオレンジ色の受給資格証は児童分のみ発行しており、有効期間が平成29年7月31日までとなっています。

そのため昨年度と同様に、平成29年8月1日から更新手続をするまでの間も引き続き、医療費の負担なく児童が医療機関を受診(現物給付)できるよう「八戸市ひとり親家庭等医療費受給資格証明書」を更新申請書と併せて送付します。(更新受付の際に回収しますので、手続きの際にお持ちください)

ただし、本人又は同居親族の平成29年度の所得が限度額を超過している場合、平成29年8月1日以降の医療費は助成できないため、受給資格証明書は送付しません。

受給資格証明書の有効期間

証明書の有効期間は平成29年8月1日から平成29年8月31日までとなっており、現在は有効期限切れのため使用できません。

受給資格証明書の使い方

児童が医療機関を受診する場合に受給資格証と同様、医療機関等窓口へ健康保険証と共に証明書を一緒に提示してください。
受診の際に証明書を提示しない場合は、一度医療機関等窓口で医療費をお支払になり、後日市へ給付申請をしてください。(償還払い)

受給資格証明書の注意事項

  1. 受給資格証明書は再発行しません。
  2. 証明書の記載事項(加入保険等)に変更があるときは使用できません。
  3. 有効期間以降の受診には証明書は使用できません。
  4. 資格証と同様に現物給付を受けることができるのは児童のみです。(※親については償還払い)
  5. 所得が限度額内であっても、以下の場合は資格喪失となります。
  •  母子・父子家庭の母又は父が婚姻したとき
    (※婚姻の届出をしないで異性と同居している場合や生計を同じくしている場合も含みます)
  • 遺棄していた父又は母から連絡・訪問・送金があったとき
  • 受給資格のある児童を監護しなくなったとき
    (※前夫又は前妻等が児童を引き取った、児童養護施設等に入所)
  • 所得の高い(所得制限限度額超過)扶養義務者と同居することになったとき
  • その他受給要件に該当しなくなったとき

上記事由に該当し受給資格を欠いた場合や8月中に更新手続をされない場合は、受給資格証明書にて助成した医療費を全額返還していただくことになりますので、速やかに届け出てください。

  

お問い合わせ先
福祉部 子育て支援課
電話 0178-43-9428
FAX 0178-43-2144