認可外保育施設とは

認可外保育施設とは、乳児又は幼児を保育することを目的とする施設であって、児童福祉法や就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の認可を受けていない施設を総称したものです。

認可外保育施設一覧

八戸市内の認可外保育施設は次のとおりです。

八戸市認可外保育施設一覧.pdf [143KB pdf] 

  • 保育施設の状況については、平成29年度の運営状況報告(6月)及び立入調査(7月)の結果、各種届出内容等をもとに掲載しています。
  • 詳細は、各施設に直接お問い合わせください。

認可外保育施設の利用をお考えの方へ

  • お子さんを預ける施設を選ぶ際は、厚生労働省作成の「よい保育施設の選び方 十か条」を参考に、事前に施設を見学することをお勧めします。
  • 認可外保育施設の保育料は、設置者が自由に設定することができます。
    八戸市では、認可外保育施設に入所している第3子以降の児童の保育料を軽減しておりますので、詳しくは保育料の軽減について をご覧ください。

認可外保育施設の開設をお考えの方へ

子どもを預かることは、誰でも簡単にできそうなイメージがありますが、実際は命を預かる大変責任の重い仕事です。
事業として成り立たせるには課題が多く、安易に始めることはできません。
始める前に、認可外保育施設に関する基準を把握し、正しい情報を得て、十分検討を重ねてください。

設備・運営に係る基準

認可外保育施設の運営にあたっては、児童の安全確保等の観点から、保育内容、保育従事者数、施設設備等について、「認可外保育施設指導監督基準」に適合しているとともに、消防法、食品衛生法、労働基準法等の関係法令を遵守する必要があります。

認可外保育施設に対する指導監督の実施について(指針及び基準) [381KB pdf]

※認可外保育施設における掲示事項に関して、児童福祉法施行規則が一部改正され、平成30年4月1日より施行されます。
届出対象施設については、提供するサービス内容の掲示が義務付けられておりますので、掲示事項の追加整備をお願いいたします。
児童福祉法施行規則の一部を改正する省令施行通知 [98KB pdf]

設置後の届出について

認可外保育施設を設置した場合は、事業開始の日から1か月以内に市に届け出る必要があります(預かる乳幼児の数が1人でも届出が必要です)。

また、事業開始後、届出事項に変更があった場合や施設を廃止又は休止した場合にも、事実発生日から1か月以内に届出が必要となります。

そのほか、毎年6月に、施設の運営状況について市に報告する必要があります(届出対象外施設も含む)。

 八戸市認可外保育施設届出制実施要綱 [4305KB pdf]

(1)届出対象施設

届出対象施設は、児童福祉法等による認可を受けていない、次に掲げる施設です(預かる乳幼児の数が1人でも届出が必要です)。

  1. 家庭的保育事業(利用定員5人以下)
    家庭において必要な保育を受けることが困難である乳幼児について、家庭的保育者の居宅その他の場所において、家庭的保育者による保育を行う事業

  2. 小規模保育事業(利用定員6人以上19人以下)
    保育を必要とする乳幼児について、乳幼児を保育することを目的とする施設で保育を行う事業

  3. 居宅訪問型保育事業
    保育を必要とする乳幼児について、保育を必要とする乳幼児の居宅で家庭的保育者による保育を行う事業

  4. 事業所内保育事業従業員の監護する乳幼児以外の乳幼児を預かる場合)
    保育を必要とする乳幼児について、事業主が雇用する労働者の監護する乳幼児を保育するために自ら設置する施設又は事業主から委託を受けて保育を実施する施設で保育を行う事業

  5. 企業主導型保育事業
     上記4の業務を目的とするものの設置者が、公益財団法人児童育成協会から助成を受け実施する企業主導型保育事業

  6. 児童福祉法第35条第4項の認可を受けていない施設

  7. 認定こども園法第17条第1項の認可を受けていない施設

(2)届出対象外施設

次に該当する施設は、届出対象外施設となります。

  1. 事業所内保育事業のうち、従業員の監護する乳幼児のみを保育する施設

  2. 店舗その他の事業所において、商品の販売又は役務の提供を行う事業者が、商品の販売又は役務の提供を行う間に限り、その顧客の監護する乳幼児を保育するために自ら設置する施設
    また、当該事業者からの委託を受けて当該顧客の監護する乳幼児を保育する施設
    【例:自動車教習所、スポーツ施設、歯医者等に設置される一時預かり施設】

  3. 親族間の預かり合い
    【設置者の四親等内の親族が対象】
  4. 設置者の親族又はこれに準ずる密接な人的関係を有する者の監護する乳幼児のみを保育する施設
    【利用乳幼児の保護者と親しい友人や隣人等が対象】

  5. 一時預かり事業を行う施設にあっては、当該事業の対象となる乳幼児のみを保育する施設

  6. 病児保育事業を行う施設にあっては、当該事業の対象となる乳幼児のみを保育する施設

  7. 半年を限度として臨時に設置される施設
    【例:スキー場やバーゲン期間のみ開設されたデパート等の一時預かり施設】

  8. 幼稚園を設置する者が当該幼稚園と併せて設置している施設
    【同一敷地内等に設置】

※届出対象外施設については届出義務はありませんが、施設の把握のため、継続的に設置される事業所内保育施設(上記1)や顧客向け保育施設(上記2)の設置者は、可能な限り届出していただくようお願いいたします。

届出様式

(1)設置届様式

  1. 認可外 設置届(別記第1号様式) [17KB docx]
    認可外 設置届(別記第1号様式) [59KB pdf]
  2. 認可外 設置届(別紙)(別記第1号様式) [274KB docx]
    認可外 設置届(別紙)(別記第1号様式) [380KB pdf]
  3. 記載上の注意(別記第1号様式) [33KB docx]
    記載上の注意(別記第1号様式) [197KB pdf]
  4. 認可外 設置届(別紙)【居宅訪問型保育用】(別記第1号様式) [44KB docx]
    認可外 設置届(別紙)【居宅訪問型保育用】(別記第1号様式) [279KB pdf]
  5. 記載上の注意【居宅訪問型保育用】(別記第1号様式) [26KB docx]
    記載上の注意【居宅訪問型保育用】(別記第1号様式) [168KB pdf]

(2)変更届様式

次の事項に変更が生じた場合は、届出が必要となります。

  1. 施設の名称及び所在地
  2. 設置者の氏名及び住所又は名称及び所在地
  3. 建物その他の設備の規模及び構造
  4. 施設の管理者の氏名及び住所
  5. 入所(利用)定員(H30.4.1~)

認可外 事業内容等変更届(別記第2号様式) [19KB docx]
認可外 事業内容等変更届(別記第2号様式) [69KB pdf]

(3)休止・廃止届様式

認可外 休止・廃止届(別記第3号様式) [19KB docx]
認可外 休止・廃止届(別記第3号様式) [67KB pdf]

(4)運営状況報告届様式

  1. 認可外 定期報告届(別記第4号様式) [18KB docx]
    認可外 定期報告届(別記第4号様式) [58KB pdf]
  2. 認可外 定期報告届(別紙:運営状況報告)(別記第4号様式) [328KB docx]
    認可外 定期報告届(別紙:運営状況報告)(別記第4号様式) [670KB pdf]
  3. 記載上の注意(別記第4号様式) [42KB docx]
    記載上の注意(別記第4号様式) [212KB pdf]
  4. 認可外 定期報告届(別紙:運営状況報告)【居宅訪問型保育用】(別記第4号様式) [44KB docx]
    認可外 定期報告届(別紙:運営状況報告)【居宅訪問型保育用】(別記第4号様式) [484KB pdf]
  5. 記載上の注意【居宅訪問型保育用】(別記第4号様式) [34KB docx]
    記載上の注意【居宅訪問型保育用】(別記第4号様式) [186KB pdf]

調査指導について

認可外保育施設に入所している児童の安全確保等の観点から、認可外保育施設に対し調査指導を実施しております。

八戸市認可外保育施設調査指導実施要綱 [250KB pdf]

認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書の交付について(交付要領及び評価基準) [804KB pdf]

(1)対象施設

届出対象施設のほか、届出対象外施設についても調査指導の対象となります。

(2)実施方法

原則として、年1回以上の立入調査を実施します。
立入調査未実施の認可外保育施設については、運営状況(定期)報告による書面調査を実施します。

(3)改善指導

調査を行った結果、認可外保育施設指導監督基準に適合しない場合は、評価基準に沿って口頭又は文書で改善指導を行います。

  • 是正改善報告を求められた事項については、次の様式により報告書を提出してください。

認可外 調査指導是正改善報告書(別記第4号様式) [23KB docx]
認可外 調査指導是正改善報告書(別記第4号様式) [67KB pdf]

(4)証明書の交付

立入調査実施後、認可外保育施設指導監督基準に適合する届出対象施設に対し、交付要領に沿って「認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書」を交付します。

  • 証明書を紛失等した場合には、次の様式により再交付を申請することができます。

認可外 基準を満たす旨の証明書の再交付申請書(別記第11号様式) [23KB docx]
認可外 基準を満たす旨の証明書の再交付申請書(別記第11号様式) [49KB pdf]

その他の報告について

次の事項が生じた場合、認可外保育施設の設置者又は管理者は、速やかに市へ報告してください。

(1)事故等が発生した場合

施設の管理下において、死亡事案、重傷事故事案、食中毒事案等の重大な事故が発生した場合は、速やかに報告してください。
詳しくは、事故・不祥事案発生時の報告についてをご覧ください。

(2)長期滞在児がいる場合

施設に24時間、かつ、週のうちおおむね5日程度以上入所している児童がいる場合は、児童の氏名、住所及び家庭の状況等を速やかに報告してください。

お問い合わせ先

福祉部 こども未来課 認可監査グループ

〒031-8686 八戸市内丸1-1-1
電話 0178-43-9527
FAX 0178-43-2144