内容

 八戸市に住所を有し、健康保険に加入しているお子さんについて、保険診療を受けた際の一部負担金を助成します(なお、高額療養費、家族療養費附加給付金の給付を受けた場合は、その差額分を支給します)。
助成を受けるには申請が必要です。
受給資格を認定しますと「八戸市子ども医療費受給資格証」を交付します。

※ 保護者の所得制限等、給付には要件がありますので、詳しくは下記を参照するか、子育て支援課へお問い合わせください。

  所得の限度額はこちら

助成範囲及び対象年齢

対象児童

対象区分

0歳~就学前

 入院・外来(通院)

小学生・中学生  

入院・外来(通院)

  高校生等(※)

入院

※当事業の助成範囲の高校生とは、一般的な高校生に相当する年齢である18歳に到達した年度の年度末までの人を指しており、高校在学の有無を問いません。

申請手続き

お子さんが生まれた場合、八戸市に転入された場合

〈必要なもの〉

  • お子さんの健康保険証
  • はんこ
  • 保護者の口座がわかるもの
  • 身元確認ができるもの
  • 個人番号がわかるもの
    申請書の様式はこちら

個人番号(マイナンバー)の確認が必要になります

平成28年1月以降に手続きをしていただく場合、個人番号記載欄のある申請書等に12桁の個人番号(マイナンバー)の記入が必要です。

  • 個人番号(マイナンバー)の確認で必要なもの
    • 申請者本人が申請を行う場合
      • 番号確認書類・・・申請者・お子さん・配偶者の個人番号カード、通知カードなど
      • 身元確認書類・・・申請者の個人番号カード、運転免許証、パスポートなど
    • 代理人が申請する場合
      • 代理権の確認書類・・・戸籍謄本(法定代理人)、委任状(任意代理人)など
      • 代理人の身元確認書類・・・代理人の個人番号カード、運転免許証、パスポートなど
      • 申請者の番号確認書類・・・申請者・お子さん・配偶者の個人番号カード、通知カードなど

※申請の際に、個人番号(お子さんと父母)を記入していただきます。番号が確認できるものをお持ちください。

  個人番号(マイナンバー)制度における本人確認について詳しくはこちら

保険証、氏名など、資格証の記載事項が変更になった場合

〈必要なもの〉

病院へ支払った医療費を給付申請する場合

(青森県外の医療機関を受診した場合や、資格証を提示せずに医療機関を受診して支払った医療費の申請)

※申請は、受診の翌月から6ヶ月以内です。

〈必要なもの〉

  • 医療機関が発行した領収書(受診者の氏名、保険点数、支払額がわかるもの)
  • 現在お使いの受給資格証
  • お子さんの健康保険証
  • はんこ
  • 保護者の口座がわかるもの
    申請書の様式はこちら

 郵送で申請される場合は、給付申請書に記入・押印のうえ、領収書の原本を必ず同封して、子育て支援課へ送付してください。なお、提出された領収書は、返却いたしません
医療費の給付を申請された場合、申請日の翌月末に、給付対象となる医療費を、事前に登録した口座に振り込みます。
ただし、独自の給付制度がある健康保険に加入されている場合は、振り込みまでお時間がかかる場合があります。
 

受給資格証の更新について

 受給資格証の有効期間は、お子さんの誕生月の末日です。ただし、1日生まれの方は前月の末日、15歳の方は15歳到達以降最初の3月31日です。
更新手続きはのとおりとなります。

中学校卒業まで

(1)八戸市で保護者の所得が確認でき、所得要件に該当している方へは、誕生月の下旬(1日生まれの方は前月の下旬)に新たな有効期間の資格証をお送りします。
※有効期間が終了する月の25日までに資格証が届くようにお送りします。

(2)所得が確認出来ない方へは、更新手続きの案内をお送りしています。所得要件を確認後、資格証を発行いたします。

※お送りする資格証は申請いただいた情報を基に作成していますので、記載内容(保険証の記号番号や保険者、氏名など)に変更や誤りがある場合、記載内容を修正しなければお使いになることができません。記載内容に変更又は誤りがある場合は速やかに変更の手続きをお願いします。

高校生等

 自動更新は行っておりません。資格証の発行が必要な際は、子育て支援課窓口へ申請してください。

所得制限について

所得の判定は
・1~6月に出生、もしくは転入された方→前々年の所得
・7~12月に出生、もしくは転入された方→前年の所得 となります。
また、所得の判定を行う場合の保護者とは、お子さんの保険証の被保険者です。
国保に加入されている場合は、お子さんから見た父親または母親で所得が高い方を保護者とします。

所得制限限度額表

扶養親族等の数

所得限度額

◆ 扶養親族等の数は所得判定年度中の人数で判定。

(本年中に産まれたお子さんは来年度の扶養となります)

◆ 扶養親族等の数が1人増えるごとに38万円を限度額に加算。
◆ 老人扶養親族があるときは、1人につき10万円を限度額に加算。

◆ 特定扶養親族等(所得税法に規定する特定扶養親族及び控除対象扶養親族のうち19歳未満)があるときは、限度額に1人につき15万円を加算。

◆ 母子家庭または父子家庭の場合、養育費の8割の額を所得に算入。

0人

2,342,000円

1人

2,722,000円

2人

3,102,000円

3人

3,482,000円

4人

3,862,000円

5人

4,242,000円

<所得の計算方法>
所得額 - 80,000円 - 諸控除 = 判定所得 

判定所得が上表の所得限度額未満であれば該当します。
計算式の諸控除には、「配偶者特別控除」、「医療費控除」、「小規模企業共済等掛金控除」、「雑損控除」、「障害者控除」が該当し、社会保険料控除や生命保険料控除などは対象外となります。
『源泉徴収票』または『市・県民税特別徴収税額の決定通知書』等をご確認ください。
源泉徴収票などの見方 

所得の判定年度切替えについて

 毎年7月に、所得の判定年度が切替えとなります。
所得が超過して受給資格がなかった方でも、判定年度が切替わることにより、7月から該当する場合もあります。
毎年6月初旬に、受給資格のない方のうち、7月から新たに該当すると思われる0歳~中学生のお子さんの保護者に対し「受給資格認定申請書」をお送りしますので、内容を確認のうえ申請をお願いします。
なお、この申請書は、同居する父又は母を保護者とみなしてお送りしていますので、お子さんの保険証の被保険者が同居していない場合等、所得や世帯の状況により受給資格に該当しないこともありますので、ご了承ください。

申請書

 子ども医療費の各種申請は、郵送でも受け付けております。ただし、申請される内容によって必要となる書類が異なりますので、ご注意下さい。

  • 子ども医療費受給資格変更等届
    <加入保険が変わったとき、氏名が変わったとき>
    子ども医療費受給資格変更等届 [71KB pdf]  
    郵送で申請される場合は、上記申請書に記入・押印のうえ、お子さんの保険証のコピー、受給資格証を同封してください。
     
  • 子ども医療費給付申請書
    <償還払い(医療費の払い戻し)の申請>
    子ども医療費給付申請書 [113KB pdf]   
    申請書は、複数月分をまとめて一枚の申請書で提出することができますので、下記の記入例を参考に記入してください。(申請期限は受診の翌月から6ヶ月です。)
    郵送で申請される場合は、申請書に記入・押印のうえ、領収書(原本)を同封してください。
    子ども医療費給付申請書【記入例】 [164KB pdf]   
     
お問い合わせ先
福祉部 子育て支援課 子育て給付グループ
電話 0178-43-9428