八戸市では、平成28年度から3年間の試行事業として、幼児教育の初めとなる3歳児に対し、親(保護者)が絵本等の読み聞かせを行うきっかけづくりをし、親子のふれあいと本に親しみを持つことを目的に、「“読み聞かせ”キッズブック事業」を実施しました。


その際、保護者・参加書店に対しアンケート調査を行いましたので、結果をお知らせします。 

アンケート結果は以下のとおりです

(1)実施状況  

 

(2)利用者アンケートから(アンケート回収数 670件、37.5%)※平成31年2月28日現在

ア 絵本を購入する際、何を参考にしたか(複数回答可)
  • 書店の特設コーナー 59.4%
  • クーポンと同封の取扱説明書 12.6%
  • インターネット 5.3%
  • 小冊子「絵本でゆたかな親子の時間」 2.4%
  • はっちイベント 0.1%
  • 図書館イベント「お気に入りの絵本を探そう」 0.4%
  • こどもはっち「ミニライブラリー」 0.1%
  • 未回答 1.5%
  • その他 18.2%
    (子どもの好み、親の好み、書店で直接見て、幼稚園・保育園・病院等) 
イ クーポンで絵本を購入後、読み聞かせの機会はどうなったか

増えた

減った

 変わらない

無回答

49.4 %

0.3%

50.2 %

0.1%

  • 増えた理由(主なもの)
    • 子どもが気に入って、「読んでほしい」と持ってくることが多くなったため。
    • 子ども自身が気に入って選んだ本を購入したため。
    • 子どもが本や周囲のものに関心を持つようになったため。
  • 減った理由
    • 子どもが自分で本を読むようになったため。
  • 変わらない理由(主なもの)
    • 元々読み聞かせをしていたため。
    • 読み聞かせの時間を作るのが難しいため(仕事、家事、育児など)。
    • 読み聞かせの回数が変わらないため。
ウ 家庭での読み聞かせについての意見等
  • 読み聞かせに関する主な意見
    • 子どもの言葉の発達や想像力、記憶力、感性を成長させるのに繋がる。
    • 子どもとのコミュニケーションの時間になる。
    • 意識して時間を設けるようにしている・設けるようにしていきたい。
    • 仕事、家事、育児などで忙しく、なかなか時間が取れない。
  •  
  • 事業に関する意見・要望
    • 読み聞かせは良いことで、大切だと思う。
    • 本を読み聞かせる環境づくりが必要である。
    • クーポン対象の絵本を増やしてほしい。
    • クーポン配付より本のネットレンタルをしてほしい。
  • 読み聞かせに関する悩み
    • 読み聞かせの方法が分からない。
    • 年齢の違う兄弟・姉妹がいると、落ち着いて読み聞かせができない。

(3)参加書店アンケート(参加13書店中8書店が回答)

ア “読み聞かせ”キッズブック事業に参加して良かったこと、困ったこと
  • 良かったこと
    • ・本をじっくり選ぶ機会が設けられ、次に読みたい本に出合えた方もいた。
    • 本をたくさん購入していただけた。
    • 親子で絵本を読んでいる姿をみることができた。
  • 困ったこと
    • クーポン対象となる絵本の理解が進んでいないこと。
イ 店頭でのポスター掲示の他に工夫した点
  • 対象絵本を1箇所に集め、ポップをつけてアピールした。
お問い合わせ先

福祉部 子育て支援課 家庭支援グループ

電話 0178-43-9342