(正部家 種康著「えんぶり読本」参照)

1 えんぶりの起源

伝説も含め様々な説があるが、南部氏の太祖・南部光行公が奥州下向したころに始まったというのが通説である。

通説

鎌倉時代の始め、後の八戸藩主南部光行は、頼朝から奥州糠部郡を拝領し、甲州(今の山梨県)から当国へ下ってきた。

奥州で迎える初めての正月、光行は自分の家来達に武装させ、有力者たちの家を訪問させたが、酒の勢いのためか家来達は抜刀乱舞したため、家人たちは恐れ慄いた。

このとき、その場に居合わせた農民藤九郎という機転の利く男が、賑やかに田植歌を歌い、農具を手に持って踊ったところ、家来達は刀を納めてその様子を見物した。

鳴子板をふり、田んぼの土をならす仕種を踊り終えた藤九郎が、南部家を祝福する口上を述べたところ、それが吉例となり、えんぶりが行われるようになったという。

2 えんぶりの種類

ながえんぶり

「ごいわいえんぶり」や「キロキロ」とも呼ばれ、うたや仕草がゆっくりしており、優雅な舞である。
主役を務める太夫(藤九郎と呼ばれる)の烏帽子に真っ赤な牡丹の花をつけている。そして鍬台(カンダイ=田畑を耕す鍬の柄)を手にしている。

どうさいえんぶり

ながえんぶりとは逆に「どうさいえんぶり」はうたも仕草もテンポが速く、勇壮活発なえんぶりである。
うたの途中に「ドウサイ」という掛け声が入るのも特徴である。
見た目の違いは、烏帽子にマエガミと呼ばれる五色の房が垂れており、手にはジャンギという棒の先に金具のついたものを持っている。

3 えんぶり組の構成

えんぶりは組単位で行われ、「太夫」と呼ばれる舞い手が3人あるいは5人と、笛、太鼓、手平鉦(てびらがね)、歌い手など総勢20~30人で構成されている。

  • 親方
    組の代表格。組を統率する。
  • 太夫(たゆう)
    えんぶりの主役、えんぶりの舞い手たちのことである。三人もしくは五人でなり、先頭にたつ太夫を「藤九郎」と呼ぶ。なぜ藤九郎と呼ぶのかは起源同様様々な説がある。最後の太夫をクロドメと呼び、それ以外の太夫は中の太夫と呼ばれる。
  • お囃子
    太鼓、笛、手平鉦、歌い手、太鼓持ちなどからなる。

4 えんぶりの舞

摺る【す‐る】

えんぶりを舞うことを「えんぶり摺(す)り」「えんぶりを摺(す)る」と言うが、これは「えぶり」と呼ばれる農具を使って田んぼの土を平らにならすことを摺る(する)と言うことから、農具を持って舞うえんぶりのことも「摺る」と言うようになった。

太夫は馬の頭をかたどった烏帽子(えぼし)をかぶり、黒いはっぴのようなものを羽織り、農具を模した棒を手に、足にはワラでできたツマゴを履く。

その足で大地をしっかりと踏みしめて、頭を振る。時には中腰になって地面すれすれまで頭を振り、一心不乱に舞う。

「えんぶり」という言葉は動詞の「イブリ(揺り)」に通じ、大地を揺さぶる、揺さぶり起こす、かき混ぜる、等の意味がこめられている。その時、太夫の烏帽子には神が降臨すると信じられていた。

種まきから稲刈りまでの稲作を、一つのストーリーとして表現したもの
えんぶり摺りの一連の流れは次のとおりである。うち「摺りはじめ」「中の摺り」「摺り納め」の三演目が主な神事儀礼的な演技として行われる。

  • 「摺り込み」
    先頭の太夫が口上を述べ、扇とジャンギを額に当てて入場してくる。
  • 「摺りはじめ」
    最初の摺り。年の初めの祝い歌にはじまり、種まき、田んぼの代掻きを表している。
  • 「中の摺り」
    苗取りのうたに、田植えの踊りを舞う。
  • 「摺り納め」
    稲刈りが終わりクラに俵を積む場面を表す。

これら三演目の合間には、「松の舞」「えびす舞」「えんこえんこ」「大黒舞」などの祝福芸が行われるほか、最後に、大事な 畦(クロ)から水が漏れないようにと、呪文の言葉を唱える「畦留め(クロドメ)」で、えんぶりは終わる。

5 えんぶりの演目・所作

摺りこみ

先頭の藤九郎役が、威勢よくえんぶり摺りの藤九郎が参りましたァ~と口上を述べ終わると、右手にはジャンギまたはナリゴ・カンダイを持ち、音を立てながら左手に閉じた扇子を手拭いで包むように持って、額にかざし、一列に演ずる場所に入って一回りする。

摺りはじめ

太夫たちは、内側を向いて円形となり、ジャンギを寄せ合うようにしながら、振るわせ、音を出す。
囃子が止まり、摺りの歌が始まるとえんぶり摺りが始まる。

どうさいえんぶりは全員が同じ所作をする。まず、ジャンギで一度地上を突くと、両足を開いてかがんだ姿勢から右足で土をけるようにして、烏帽子を大仰に振る。同じように外側を向いて烏帽子を大仰に振る。センスは開いており、大きく上に振りかざす。摺りの間、太夫全員の所作を合わせるようにジャンギで土を突く。

一方、ながえんぶりは、藤九郎役の太夫とその他の太夫とは所作が異なる。はじめは円形となり、内側を向き両手を伸ばし、足は大の字に開き歌に合わせて右、左と向ける。左手は斜めに耳元に持っていく。藤九郎は体を前にかがめるようにしながら、烏帽子を左右に大きく振り回す。

中の摺り

摺りの歌の詞章は違うが、基本的には摺りはじめと同じである。

摺りおさめ

基本的な所作は摺りはじめや中の摺りと同じであるが、最後になると、一列に並んで終わる。

クロドメ

摺り終わると、後ろの太夫が「クロドメ」の言葉を大声で早口に唱えながら、カンダイで土上を指し封じ込めるような所作をする。威勢よくお囃子が鳴り出すと、ジャンギ・ナリゴ・カンダイを脇きに2回振り、正面で1回振る。と同時に左手の扇を額にかざしてお辞儀をし、これを3回繰り返す。
「見参」という太夫の挨拶である。

6 祝福芸

摺りはじめ、中の摺り、摺り納めの合間に行われる「松の舞」、「えびす舞」、「えんこえんこ」、「大黒舞」といったさまざまな祝福芸もまた、見るものの目を楽しませてくれる。

えんこえんこ

普通、少年三人によって踊られる。両手に銭太鼓を一個ずつ持ち、両手を伸ばし、歌に合わせて、左右の足を交互に斜め前に出す。

また銭太鼓を、肩の高さに上げながら、くるっと1回転させる所作がある。ほぼ、このような所作を左右後を向いて反復し、再び前を向いて、同じ所作を繰り返して終わる。

松の舞

松の舞のお囃子に合わせて右手に、開いた扇を持った舞い手の少年が、両足を開いて、最初は扇を頭上にかざすようにして1回り、お囃子に合わせて♪松の舞ともはやせやい…と唱えると、一同答えるように反復斉唱する。
またお囃子に合わせて、両足で跳ねて大の字に静止したり、扇を耳元に上下させるような所作がある。

えびす舞

釣竿を持ったえびすが、鯛を釣る舞。お囃子に合わせて、寿ぐ祝い詞を舞いながら述べる。そしてめでたい鯛を釣りましょうという意味のことを言う。周りはいっせいに「ヨウヨウ」と掛け声を入れる。そこで、舞台前に用意したタイを釣るわけだが、なかなか釣れない。釣れたかと思うと、すぐ外れてしまう。その腰ぶり身ぶりがおかしく、見る人を笑わせる。

そうして2回ぐらい失敗したあと、ようやく釣り上げる。その釣り上げた鯛をその家の旦那様に差し上げましょうと、家内が豊かになるように福徳の言葉をささげて終わる。

大黒舞

右手に打出の小槌、左手に扇を持ち交互にふりながら舞う。腰をかがめてまわる所作もある。