センターミュージアムの概要

 拠点施設
八戸ポータルミュージアム「はっち」
 区分
スポットミュージアム (通年型)
 範囲
市中心街

観光資源の紹介

八戸の横丁

みろく横丁八戸は昔から横丁文化が根付いた街で、隣に座った客と気軽に話せてしまう雰囲気がどの店にもあり、市民や観光客に親しまれています。中心街には最も古いとされる「れんさ街」他にも「五番街」と「狸小路」、「ハーモニカ横丁」などが隣り合っています。また三日町と六日町を結ぶ通りには常設屋台が並ぶ「みろく横丁」があり、どの横丁も八戸の郷土料理や新鮮な魚介類を使った居酒屋定番メニューなど八戸の食を満喫できます。

長者まつりんぐ広場

平成19年に旧市民病院跡地に完成した合併記念多目的広場。三社大祭の山車の製作過程を見学できる多目的施設や東屋、トイレなどを整備されており、週末には「八戸夕暮れ市」が開催されています。

長者まつりんぐ広場の詳細

八戸ポータルミュージアム「はっち」

中心街活性化を目的に、地域交流スペース、観光交流スペースなどを設け、市民・観光客が気軽に集える地域観光交流施設が平成23年2月にオープンします。

八戸ポータルミュージアム「はっち」ホームページ