渚ミュージアムの概要

 拠点施設
水産科学館マリエント
 区分
ゾーンミュージアム (通年型)
 範囲
種差海岸一帯(JR八戸線 鮫駅~金浜駅)

主な観光資源の紹介

種差海岸

種差海岸鮫町の蕪島を起点として南東約12kmに伸びる海岸線。

白砂青松、大小の岩礁、小島が交互に続き、また、春から秋にかけては、美しい海岸植物が咲き誇ります。広大な天然の芝生が波打ち際まで敷き詰められた種差天然芝生地、雄大な砂原の大須賀、ウミネコが春を告げる蕪島が中心的存在です。

→種差海岸の詳細情報

蕪島

蕪島ウミネコの繁殖地で毎年3月上旬頃に数万羽のウミネコが産卵のために飛来します。島に黄色い蕪の花が咲く5月頃に雛がかえり、島にはウミネコの鳴き声が響き渡ります。そして8月上旬には南方へ旅立ちます。

見頃は5月中旬で、黄色い蕪の花と白いウミネコのコントラストは、目を引くものがあります。

→蕪島の詳細情報

葦毛崎展望台

葦毛崎展望台鮫角灯台前の岬にある展望台で、種差海岸遊歩道の起終点となっています。

まわりにはハマナスの花が咲き乱れ、また、ここから雄大な太平洋と種差海岸の風景が一望でき、打ち寄せる白い波、白い砂浜、緑の松林などの素晴らしい景観を満喫できます。

遊歩道

種差海岸遊歩道葦毛崎展望台を起点として種差天然芝生地まで続く延長約5.2kmの探勝コース。

通称、淀の松原と呼ばれる3kmにわたる松林とその林間に見え隠れする奇岩怪石、また、約400種にも及ぶ山野草が春から秋にかけて咲き乱れ、密生して花園のようになり、景観をさらに見事なものにしています。

白浜海水浴場

白浜海水浴場広大な砂浜が続く大須賀の一角にある白浜海水浴場は、バスや鉄道の便もよく、シャワー室・更衣室等が完備されており、7月下旬~8月中旬は売店、食堂なども営業され家族ぐるみで安心して楽しめます。

平成18年には環境省指定の「快水浴場100選」にも選ばれました。

八戸市水産科学館「マリエント」

マリエント当市を紹介宣伝するシンボル的通年観光文化施設として、ウミネコの島「蕪島」の隣接地に位置しています。

展示室は、「マリンプラザ」を中心に「イカパラダイス」「海のまち八戸」等の各コーナーを順に一周でき、八戸を代表するイカやウミネコ等について学ぶことができます。また、展望レストランでは、雄大な太平洋とウミネコが舞う八戸港を眺望しながら、おいしい料理が楽しめます。