ページの先頭です 本文へスキップ

八戸市

  • 文字を小さく
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きく
ここから大分類です 大分類はここまでです
観光情報タイトル
このページの場所は次のとおりです
ここから大分類内のメインメニューです

サブメニューを開く

 

 
※上記のリンクをクリックすると、Weblioが運営する辞書サイトに移動します。
メインメニューはここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

食彩

「いちご煮」「せんべい汁」農山漁村の郷土料理百選に選ばれました!

いちご煮

いちご煮新鮮なウニとアワビでお吸物風に仕立てたもの。ウニを熱湯につけると野イチゴのように見えるところから、この名前がつけられ、乳白色の仕立て汁は、添えられた青ジソの香りと相まって格別な味となります。

八戸せんべい汁

八戸せんべい汁鍋用の南部せんべいを、肉や野菜などで取ったおいしいだし汁に割り入れて煮込んだ、心も身体も温まる素朴な郷土料理。

八戸せんべい汁を全国ブランドへ!
市民団体八戸せんべい汁研究所のページ

八戸せんべい汁研究所

そばかっけ

そばかっけ薄くのばしたソバを三角形に切り、野菜と一緒に昆布だしでゆがいたものをネギ味噌かニンニク味噌で食べます。香りあふれる食べ物です。

イカ

イカイカの街「八戸」は、イカの水揚げでは、日本の約3割を占め全国第1位です。当市では、街ぐるみでイカの消費拡大運動を繰り広げ、八戸イカ普及促進協議会の発足やシンボルマークを作成し、PRを展開しております。

八戸前沖さば

八戸前沖さば日本最北のサバの漁場である八戸前沖では、秋になると急激に下がる水温と豊富な餌で脂肪を蓄え、日本一脂ののった美味しいサバが水揚げされます。

八戸前沖さばブランド推進協議会のホームページ

食用菊当地方特産の食用菊で「阿房宮」と呼ばれています。通常は、干し菊として売られ、写真のような酢の物や味噌汁の具として食べます。当地方以外の土地に移植すると、独自の甘味がなくなってしまう特性を持つ不思議な食用菊です。

八戸らーめん

八戸らーめん煮干しをふんだんに使った、あっさりとした醤油ベースのスープと細めのちぢれ麺が特徴で、70年あまりの歴史を持つ、昔懐かしいラーメンです。 

八戸らーめんが食べられるお店
(八戸商工会議所ホームページ)

磯らーめん

磯ラーメン種差海岸にある食堂で多く見られるメニュー。あっさりとした塩ベース(醤油ベースの店舗もあり)のスープと細めのちぢれ麺が特徴で、うにや海草、貝類やえび等の豪華食材が入っており、食べた瞬間に口いっぱいに三陸の恵みが広がります。 

八戸の横丁文化

八戸は昔から横丁文化が根付いた街で、隣に座った客と気軽に話せてしまう雰囲気がどの店にもあり、市民や観光客に親しまれています。中心街には8つの横丁が残っており、「たぬき小路」と「五番街」他にも「長横町れんさ街」と「ロー丁れんさ街」などが隣り合っています。また三日町と六日町を結ぶ通りには常設屋台が並ぶ「みろく横丁」があり、どの横丁も八戸の郷土料理や新鮮な魚介類を使った居酒屋定番メニューなど八戸の食を満喫できます。

平成18年には、これら横丁の更なる魅力アップを目指し「八戸横丁連合協議会」が設立されました。


八戸横丁連合協議会

屋台村みろく横丁

長横町商店会

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です
八戸市観光課  〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号(市庁別館6階)
電話:0178-46-4040 FAX:0178-46-5600 E-mailkanko@city.hachinohe.aomori.jp
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です