青森県交通災害共済とは

青森県交通災害共済は、交通事故による被災者を救済するための共済制度で、日本全国どこで起きた交通事故でも、弔慰金またはケガの程度に応じて見舞金をお支払いします。

加入できる人は?

  • 八戸市内の住民基本台帳に記載されている方
  • 上記の方と生計を一にしている方であって、就労又は修学のため、八戸市外に住所を移している方
  • 八戸市内にある学校に在学している方

加入方法は?

   会費        1人 350円(1人1口)

   共済期間      4月1日~翌年3月31日まで

   受付窓口      くらし交通安全課(市庁別館5階)

             南郷事務所

             各市民サービスセンター

   ◎ 随時加入受付しております。(途中加入の場合は、共済期間は受付時からとなります)

   ※ 翌年度の予約加入受付期間は2月1日~3月31日までです。

交通事故にあったら?

 相手方のいない自転車等の自損事故でもかならず警察に届け出てください

対象となる事故は?

  • 自転車、バイク、自動車などの道路交通による人身事故
  • 歩行中に自動車、自転車などにはねられてケガをした場合
  • 自転車・バイク運転中の転倒や誤ってガードレールなどにぶつかってケガをした場合   など
     
    ◎ 対象になるかどうか判断が難しい場合は、事前にお問い合わせください

対象とならない事故は?

  • 故意又は重大な過失があった場合
  • 無免許運転及び酒気帯び運転をし、又はその事情を知りながら同乗して交通事故にあった場合
  • 自賠責保険の契約のないまま車両を運転し、交通事故にあった場合
  • 地震、洪水、暴風、その他の天災によって生じた交通事故の場合
  • 航空機、船舶、電車などの事故の場合
  • 歩行中の転倒や作業中の事故など、交通事故ではない場合

見舞金等の請求方法について

  • 請求期間

事故発生日から1年間

ただし、自動車損害賠償保障法施行令別表第1級から第3級各号に掲げる障害になった場合は事故発生日から2年間

  • 請求窓口

くらし交通安全課(市庁別館5階)
 

平成29年3月31日までに起きた交通事故の場合

【必要書類】

 (1)交通事故証明書 

     ⇒交通事故証明書が取得できない場合は、事故申立書 [50KB PDF] (記入例については 様式 参照)   

 (2)実治療日数のわかる医師の診断書又は整骨院の証明書

  ※(1)と(2)については写しの場合、保険会社など取得先からの原本証明が必要です

 (3)死亡したときには死体検案書または死亡診断書

 (4)会員証

 (5)印かん

 (6)口座振替ができる金融機関の通帳
 

【見舞金等金額表】

    等級            災害の程度                    支給額

    1   死亡した場合                             100万円

    2   実治療日数180日以上で入院180日以上                 15万円

           3   実治療日数180日以上で入院90日以上180日未満            13万円

           4   実治療日数180日以上で入院90日未満または入院なし          11万円

           5   実治療日数90日以上180日未満で入院90日以上              8万円

           6   実治療日数90日以上180日未満で入院90日未満または入院なし       6万円

           7   実治療日数60日以上90日未満                  4万5000円

           8   実治療日数30日以上60日未満                  3万5000円

           9   実治療日数10日以上30日未満                  2万5000円

          10    実治療日数10日未満                          2万円

     ※見舞金の金額は実治療日数(実際に入院や通院により治療を受けた日)により金額が決まります。

     ただし、同じ日に2件以上の病院などで治療を受けた場合でも1日と数えます。
 

【特別見舞金】

 交通事故がもとで、2年以内に自動車損害賠償保障法施行令別表第1級から第3級の後遺障害になった場合は、前記見舞金のほか50万円をお支払いします。
 

平成29年4月1日以降に起きた交通事故の場合

【必要書類】


 (1)交通事故証明書   

  ※ 交通事故証明書が取得できない・被災者の記載がない場合、特例見舞金の対象となる場合があります。

    特例見舞金については下記を参照してください。

 (2)医師の診断書又は柔道整復師の施術証明書

  ※(1)と(2)については写しの場合、保険会社など取得先からの原本証明が必要です

 (3)死亡したときには死体検案書または死亡診断書

 (4)会員証

 (5)印かん

 (6)口座振替ができる金融機関の通帳


【見舞金等金額表】※交通事故証明書がある場合に限る

    等級            災害の程度                    支給額

    1   死亡した場合                             100万円

    2   自動車損害賠償保障法施行令別表第1級から第3級各号に掲げる      50万円
         障害の場合

           3   重傷(1箇月(30日)以上の治療を要する場合)             7万円

           4   軽傷(1箇月(30日)未満の治療を要する場合)               3万円

        ※治療期間(見込み含む)により等級を区分します。

 

【特例見舞金】

 交通事故証明書が得られず、交通事故申立書等による請求の場合は内容を審査の上、適当と認められた場合、災害の程度に関わらず1万円が支給されます。

 ※同乗中の事故の場合などで、交通事故証明書に被災者の記載がない場合は交通事故申立書を添付することで特例見舞金の対象となります。

様式

   記入例 自転車単独事故の場合 [338KB PDF] 

   記入例 バイク単独事故の場合 [346KB PDF] 

   記入例 自動車同乗中の事故の場合 [343KB PDF]  

 ※任意の様式でもかまいませんが、平成29年3月31日までに起きた事故の場合で、10日以上の通院があった場合には通院日数のわかる診断書が必要です

よくあるお問い合わせについて 

 よくあるお問い合わせについては、「Q&A」(外部サイトへリンク)をご参照ください。

 その他、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせ先までお問い合わせください。

お問い合わせ先
市民防災部 くらし交通安全課(市庁別館5階)
電話 0178-43-9218
FAX 0178-43-2256