平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の支援活動に、八戸市に駐屯する自衛隊(陸上自衛隊 八戸駐屯地、海上自衛隊 八戸航空基地)が活躍しています。八戸市内はもとより岩手県、宮城県などでも救助活動をはじめ行方不明者の捜索、炊き出し、給水支援、物資輸送などを実施しました。

また、写真・動画により被害状況を記録しています(東日本大震災の被害状況

 

陸上自衛隊 八戸駐屯地の活動状況

陸上自衛隊八戸駐屯地では、所在部隊から約800名の隊員を八戸市及び岩手県に派遣し、生活支援(給水、給食(炊き出し)、入浴、救援物資輸送、瓦礫の除去等)及び行方不明者の捜索等災害派遣活動を実施しました。

 

海上自衛隊 八戸航空基地の活動状況

海上自衛隊八戸航空基地では、地震発生後ただちに哨戒機P-3Cを発進させ、地震被害の偵察や津波による漂流者の捜索・救助活動を実施しました。また、被災地にいち早く救援物資を届けられるよう、救援物資輸送基地としての役割を果たしています。機動施設隊は、八戸市内での瓦礫の除去などの支援作業を実施しました。

また、地震発生当日の3月11日から、基地内の体育館を被災された方々の避難場所として提供いただいているほか、給食(3月13日まで)・入浴などの生活支援も実施しました。

   

リンク

 

資料提供など

陸上自衛隊八戸駐屯地 司令業務室
  〒039-2295 八戸市市川町字桔梗野官地
  電話 0178-28-3111(代表)

海上自衛隊八戸航空基地 第二航空群司令部 広報室
  〒039-1180 八戸市河原木字高館
  電話 0178-28-3011(代表)