消火器の破裂事故が発生しました!

平成21年9月15日及び16日に大阪府と福岡県で、腐食が進んだ消火器を操作したところ、消火器が破裂し受傷したと見られる事故が相次いで発生しましたので、次のことに注意してください。

1.消火器が風雨にさらされる場所や湿潤な場所等に設置されていないかを確認する
とともに、消火器の状態を点検し、腐食が進んでいるものは、絶対に使用しない
でください。

2.不用になった消火器については、放射、解体等の廃棄処理を自ら行うことなく、 
   回収を行っている事業者に廃棄処理を依頼すること。
特に、腐食が進んでいる
加圧式の消火器は、容器破裂の危険性が大きいので、速やかに廃棄処理を依頼す
ることが望ましいです。

○詳細はこちら消火器破裂事故ポスター [62KB pdfファイル]