八戸市内の農産物について、放射性物質の検査結果をお知らせします。

農産物のモニタリング調査結果

調査結果

測定日

測定場所

試料名

採取日

採取地等

放射性セシウム134
(Bq/kg)

放射性セシウム137
(Bq/kg)

10月6日

D

水稲(玄米)

10月5日 八戸市

検出されず

(<5)

検出されず

(<5)

 ※調査を行い次第、順次公表いたします。

  • 調査結果は、調査を行っている青森県の公表結果と同じ表記としています。
  • 測定場所:B、CはEMF211型ガンマ線スペクトロメータを使用。 Dはゲルマニウム半導体検出器を使用。
  • EMF211型ガンマ線スペクトロメータの測定下限値は、セシウム134が15Bq/kg、セシウム137が10Bq/kg 。
  • ゲルマニウム半導体検出器で測定した場合は、検出限界値を下段に(<○)と記載。
  • 測定場所は、Bが地方独立行政法人青森県産業技術センター食品総合研究所、Cが下北ブランド研究所、 Dが民間検査機関。

青森県公表結果:青森県産農林水産物の放射性物質調査結果

過去の放射性物質調査結果

(参考)

食品衛生法で定められている食品中の放射性物質の基準値

食品群

基準値(放射性セシウム134とセシウム137の合計(Bq/kg))

一般食品

100

乳児用食品

50

牛乳

50

飲料水

10

※放射性ストロンチウム、プルトニウム等を含めて基準値を設定。
半減期が短く、既に検出が認められない放射性ヨウ素には基準値は設定されていない。