脳脊髄液減少症

 交通事故やスポーツ等による外傷後、頸部等が損傷し、脳脊髄液が慢性的に漏れることにより、起立性頭痛等の頭痛、頸部痛、めまい、倦怠、不眠、記憶障害等の様々な症状を呈する「脳脊髄液減少症」と呼ばれる疾患が起こりうるのではないかとされています。

 現在、この疾患については国において、専門家による医学的な解明が進められている段階にありますが、研究者によりますと、慢性期で自然治癒が期待できない場合には「硬膜外自家血注入(ブラッドパッチ療法)」が有効であることが報告されています。

 最寄りの診療が可能な医療機関については、「脳脊髄液減少症について」(青森県庁ホームページ)をご確認ください。

硬膜外自家血注入(ブラッドパッチ療法)

 硬膜外自家血注入(ブラッドパッチ療法)は脳脊髄液減少症の治療法の一つで、脳脊髄液が漏れ出している部分に自分の血液を注入し、髄液の漏れを止める方法です。

 平成28年4月1日からは、脳脊髄液減少症の一部である「脳脊髄液漏出症」と診断された方の治療を行う場合に「保険適用」されています。

お問い合わせ先

八戸市保健所 保健予防課 保健福祉グループ(市庁別館2階)

〒031-8686 八戸市内丸1-1-1

電話 0178-43-2292(直通)

FAX 0178-43-2329