認知症簡易チェックについて

認知症は、早めに気付いて適切な治療を開始すると、その後の症状の進行を遅らせることができます。

早い時期に受診することのメリット

  • 病気が理解できる時点で受診し、少しずつ理解を深めていけば生活上の障害を軽減でき、その後のトラブルを減らすことが可能
  • 障害の軽いうちに障害が重くなったときの後見人を決めておく(任意後見人制度)等の準備をしておけば、認知症であっても自分が願う生き方を全うすることが可能                     

「認知症かな?」と不安になった方は、以下のチェックリストで自己チェックしてみましょう。

(ご家族がチェックすることもできます。)

チェックの結果不安が残る場合は、「認知症の人と家族の道しるべ手帳-八戸市認知症ケアパス- 認知症たすけるすけ」を参考に、早めに相談先へご相談されることをお勧めします。