Rh血液型とは

Rh血液型とは?

1940年、Landsteinerラインシュタイナーと弟子のウィナーは、人の赤血球にアカゲザル(Rhesus monkey)と共通の血液型抗原であることを発見しました。そして、この抗原の有無によって分ける血液型をRh血液型としたのです。
今日、Rh抗原は非常に複雑ですが、一般にはC・c・D・E・eなどの抗原がよく知られています。Rh陽性やRh陰性という表現は、これらのうちD抗原がある場合をRh陽性(プラス)、ない場合をRh陰性(マイナス)としています。

Rh(マイナス)の血液型の出現率

日本人のRh(マイナス)の発現率は0.5%で、白人の15%に比べると相当低い率となっています。
日本人ではRh(マイナス)は200人に一人、AB型では2,000人に一人です。

血液型

A型

 O型

B型

AB型

出現頻度

4/10

3/10

2/10

1/10

10/10

Rh(-)を加味した出現頻度

4/2000

3/2000

2/2000

1/2000

1/200

  

Rhマイナス血液型のQ&A

Rh抗体とはなんですか?

Rh(+)の赤血球がRh(ー)の人の血中に入ると、この人にはRh(+)の赤血球を破壊する一種の化学的物質ができます。

なぜ抗体が体内にできるのですか?

抗体は、通常、病原菌やそれが作り出す毒素などを無毒化するために体内に産生されるもので、これらの有毒物を中和して人体が病気に侵されないように保護する重要な役目を果たします。

人は、いろいろの異なった種類の抗体を血液の中に持っているのですか?

そうです。人間はからだの中にバクテリア、ウイルス、その他人体に有毒なものを破壊する力のある数百の異なった抗体を持っています。

からだの中でのRh抗体の作用は?

Rh(ー)の血液にRh抗体があるとき、この抗体はその人の血液の中に入っているすべてのRh(+)の赤血球を襲って破壊してしまいます。

夫婦間でRh因子が問題となるのは?

父親の血液型がRh(+)で、母親がRh(-)で妊娠した場合、その子供はRh(+)になる可能性があります。この場合Rh(+)の胎児の赤血球がRh(-)の母親の血中に入り込むと、母親の体内にはこの異質のRh(+)の血液に対抗して、これと戦う抗体を体の中に産生することがあります。

母親にRh抗体があるとき、どのようなことが起こりますか?

新生児溶血性疾患が胎児及び生まれる子供に現れます。この特徴としては、産児の赤血球が破壊されて貧血や心不全を起こし、まれに脳障がいを引き起こすことがあります。

なぜRh因子がこのようなことの原因となるのですか?

Rh(+)の父と、Rh(-)の母より生まれる子供は、両親からの因子を受け継ぐことになりますが、父親のRh因子を受け継いで血液型もRh(+)の場合が極めて多いのです。このRh(+)の胎児の血液の一部が分娩中(時には妊娠中)に胎盤を通して母親の体内に入り込みます。その結果Rh(-)母親の血液中には、胎児のRh(+)の赤血球に対する抗体が作られて、次に生まれる子供がRh(+)の場合、母親の血中に出来た抗体は胎盤を通して胎児の血液中に入り込み胎児の赤血球を破壊してしまいます。これはやはり新生児溶血性疾患で子供の赤血球が破壊され重篤な貧血を起こします。

夫がRh(+)のとき、子供がRh(-)のこともあり得るのでしょうか?

はい。もちろんそんな場合もあります。それは、父親の血液型がRh(+)の場合、その遺伝子は[Rh(+)、Rh(+)]と[Rh(+)、Rh(-)]の二つの組み合わせがあります。この後者の場合子供はその二つのうちどちらか一つだけしか受け継がないので、もし二度目以降の子供がRh(-)遺伝子を受け継いだ場合は何も起きないわけです。
もし父親の遺伝子型が[Rh(+)、Rh(-)]の組み合わせなのか、または[Rh(+)、Rh(+)]なのかをあらかじめ知りたい場合、親子鑑定等を扱う専門機関で調べてもらう必要があります。

Rh(+)の父とRh(-)の母より生まれる子供は必ず新生児溶血性になるのですか?

理論上にはその通りですが、実際には最初の産児はほとんど影響を受けず、第二児以降その危険は増大していきます。初産児の場合にこの危険が極めて少ない理由は、母体内にRh抗体が出来るのは最初の出産後のことだからです。したがって第二児以降に対してはこの危険は避けられないわけです。

私の夫も、私も共にRh(-)ですが、今後妊娠出産において何か問題が起こるでしょうか?

いいえ、御心配いりません。生まれる子供は、必ずRh(-)となりますから。

Rh抗体は、流産してもできますか?

はいできます。流産によっても少量のRh(+)の胎児赤血球が母親の体内に入り込むことがあります。したがってRh(-)の母親は、胎児のRh(+)赤血球に対応して抗体を産生することがあります。

私はRh(+)です。生まれる子供は大丈夫でしょうか?

Rh(+)の母親はその血中にRh因子があるので、例えRh(+)赤血球が入り込んでも、抗体を作ることはありません。

新生児の溶血性疾患は防ぐことができるものでしょうか?

はい、できます。抗ヒト免疫グロブリンという薬を筋肉注射することで防ぐことができます。しかし、この予防法は、抗体を持たない母親にだけしか適用できないので、すでに抗体ができてしまった母親に対しては効果がありません。そのため、Rh(-)の母親は妊娠時には医師のアドバイスを受けられることをおすすめします。

 

献血のお願い

Rh(-)の血液が必要になったら?

輸血用血液が必要な場合、医療機関から血液センターに血液の要請があり、最寄の血液センターが血液をお届けすることになります。血液センターはいつでも医療機関の要請に応えられるよう365日、24時間の体制で血液をお届けしております。緊急な手術などの対応のため、一定の在庫も確保しています。また、全国的な確保体制が確立されています。
このように体制が整っているとはいえ、安定的な血液の供給のためには、献血が不可欠です。献血は相互扶助です。是非、御協力をお願いいたします。

      ●献血は、献血ルーム献血バスでできます ⇒ 青森県赤十字血液センターホームページ