第1号被保険者の独自給付

● 第1号被保険者(自営業の人など)には、次のような独自給付があります。


● 寡婦年金

 第1号被保険者としての保険料納付済期間(免除期間を含む)が25年以上ある夫が、いずれの年金も受けずに亡くなったとき、その妻が60歳から65歳になるまでの間支給されます。
※ただし、夫との婚姻関係が10年以上あることが条件となります。

年金額

 夫の第1号被保険者期間について計算した老齢基礎年金の額の4分の3

● 死亡一時金

 第1号被保険者として保険料を3年以上納めた人が、年金を受けずに亡くなり、その遺族が遺族基礎年金を受けられない場合に支給されます。
※寡婦年金と死亡一時金は、いずれか選択になります。

一時金の額

 支給額は保険料を納付した期間に応じて、次のようになります。

保険料納付済期間

一時金の額

     3年以上15年未満

120,000円

15年以上20年未満

145,000円

20年以上25年未満

170,000円

25年以上30年未満

220,000円

30年以上35年未満

270,000円

     35年以上

320,000円

1/4納付期間×1/4月
1/2納付期間×1/2月
3/4納付期間×3/4月
として納付期間とします。
 

付加年金加入月数が36ヶ月以上ある場合は、さらに8,500円加算されます。
※死亡一時金を受ける権利は2年間で時効となりますのでご注意ください。

 

遺族基礎年金へ

 

ねんきんのトップへ「どんな時どんな年金がもらえるの?」