下記の施設は、日常生活において、おおむね自立している人が対象です。

 (1)養護老人ホーム

 (2)生活支援ハウス   

介護保険の要介護1~5の認定を受けている人は、介護保険のページをご覧下さい。  

(1)養護老人ホーム

ある程度身の回りのことが自分ででき、経済的に困窮している世帯の方で、在宅で養護をうけることが困難な高齢者が入所できます。

サービス内容

対象者 次の条件を全て満たす人が対象となります。
・八戸市に住所を有するおおむね65歳以上の高齢者
・生活保護世帯、市民税所得割非課税世帯、又は災害などにより経済的に困窮している世帯の人
・在宅において生活することが困難な環境にあること。
費用負担

 対象者及び扶養義務者(対象者の配偶者及び子)

 ※それぞれの収入状況により、決定されます。

お申込み方法  直接高齢福祉課の窓口へご相談ください。
その後、各種書類の提出を受け調査を行います。


 

(2)生活支援ハウス

介護を必要としない60歳以上の自立している方で、緊急的に住まいが必要となった場合に短期間、生活支援ハウスを住居として提供します。

対象者

八戸市内に住所を有する60歳以上で下記利用要件に当てはまる方。

利用要件

1.一時的に入所した後で、在宅での生活に戻ることができる。

 (自宅又は有料老人ホームに戻る見込みがある)

2.自立している又は、介護申請の結果が要支援1・2であり、夜間見守りの必要がない方。

3.水害、火災等で緊急的に自宅に住むのが困難となった方。

4.虐待等で避難施設の確保が必要な方

5.冬季間のひとり暮らしに不安のある方。(越冬利用)

費用負担

利用者の前年度の所得に応じて費用負担が異なります。

利用期間

概ね3か月以内

※5の越冬利用のみ11月~4月の間の入所が可能です。

お申し込み方法 お住まいの地区の高齢者支援センターまでご相談ください。

 

 ○生活支援ハウスを検討されている方はこちらもご覧ください。

  生活支援ハウスチラシ [354KB pdf] 

 

お問い合わせ先
福祉部 高齢福祉課
電話 0178-43-9104・0178-43-9189
FAX 0178-43-2442