一家の働き手に先立たれたら遺族基礎年金

国民年金の加入者や、加入していたことがある人が亡くなったとき、その人によって生計を維持されていた子のある配偶者、または子に支給されます。

※遺族基礎年金が支給される「子」とは、18歳に達する時点の年度末までの子(障がい者は20歳未満の子)が対象です。

※26年4月から、子のある夫にも支給されるようになりました。

支給を受けるために

亡くなった人が次のいずれかに該当すれば支給できます。

  1. 死亡日の前々月までに加入期間の3分の2以上保険料を納付していること。(免除期間、学生納付特例期間を含む)
    ただし、平成38年3月31日までに亡くなった場合は、特例として死亡日の前々月までの直近の1年間に滞納がなければ受給対象となります。
  2. 老齢基礎年金の受給資格期間(25年)を満たしていること。

年金額

779,300円 + 加算額 (平成29年4月改定後)

 子のある配偶者が受ける場合

子の数

加算額

 1人目・2人目

各 224,300円

       3人目以降

各  74,800円

※配偶者が遺族基礎年金を受給している間は、子は支給停止となります。

子が受ける場合

子の数

加算額

   1人目(本人)

加算なし

   2人目

各 224,300円

   3人目以降

各  74,800円

  ※子に支給する遺族基礎年金の1人当たりの額は、合計額を受ける子の数で割った金額になります。