生活保護における後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用原則化についてご協力のお願い

後発医薬品の普及については、医療財政の改善につながることから、国全体で取り組んでいます。更に取組を進めるため、今般、法改正を行い、平成30年10月1日から、生活保護においては、医師が後発医薬品の使用が可能であると判断された場合には、原則として、後発医薬品を使用していただくことになりました。

後発医薬品リーフレット(病院、診療所向け) [1039KB docx] 

後発医薬品リーフレット(薬局向け) [1042KB docx] 

別紙(生活保護受給者への先発医薬品の調剤状況) [21KB xlsx]