1. ごみ排出状況

(1)ごみ排出総量と1人1日当たりのごみ排出量について

「ごみ排出総量」とは、各年度の次のごみ(一般廃棄物)の量の合計値です。

  • 八戸市が収集した家庭から出たごみ及び資源物
  • 集団回収(リサイクルパートナー制度)で集められた家庭から出た資源物
  • 八戸市及び八戸地域広域市町村圏事務組合の処理施設に搬入された事業所から出たごみ

また、「1人1日当たりのごみ排出量」(排出原単位)とは、人口の違う他都市との比較などのために、「ごみ排出総量」を、その年度の10月1日現在の住民基本台帳の人口と年度の日数(365日または366日)で割った数値です。

行政関与分と民間主導分

 八戸市では、八戸市や八戸地域広域市町村圏事務組合の関与のもと処理される一般廃棄物を「行政関与分」と位置づけています。

 市内で発生するごみ(一般廃棄物)は「行政関与分」のほか、ごみを排出する事業者が直接、一般廃棄物処分業者や古紙取扱業者に引渡し処理されているものがあります。そのうち、八戸市の一般廃棄物収集運搬業者が運んだ量について「民間主導分」として集計しています。

(2)ごみ排出総量推移

八戸市のごみ排出総量は平成24年度、25年度と増加していましたが、26年度は減少しました。

ごみ排出総量推移

※東日本大震災による災害廃棄物を含まない値
※平成24年度は、臨時的事案分の1,960t(行政関与 事業系)を含まない値

※平成25年度は、臨時的事案分の337t(行政関与 事業系)を含まない値

(3)1人1日当たりのごみ排出量(排出原単位)推移

行政関与分(家庭系と事業系の合計)ごみ排出量は全国平均を上回っていますが、内訳をみると家庭系のごみ量は全国平均を下回っており、一方で事業系のごみ量は全国平均を上回っています。

ごみ原単位(家庭+事業)
 

ごみ原単位(家庭)
 

ごみ原単位(事業系)

2. 数値目標

八戸市一般廃棄物処理基本計画では、ごみの減量に向け「1人1日当たりのごみ排出量」(排出原単位)について、目標値と計画中間年度目安値を次のとおり定めています。

 

平成28年度

中間年度

平成33年度

目標年度

行政関与分   950g/人・日  900g/人・日
行政関与分+民間主導分 1,150g/人・日 1,120g/人・日

平成21年度から平成23年度においては、行政関与分の「1人1日あたりのごみ排出量」は1,000グラムを下回っていましたが、平成24年度、25年度と増加しました。

平成26年度は、行政関与分1,004グラムと減少しましたが、目標達成には一層の減量が必要です。

市民・事業者の皆様には次のごみ減量のポイントを参考に、より一層のごみの減量・リサイクルに向け、ご理解とご協力をお願いします。

3. ごみ減量のポイント 

減量ポイント1.生ごみを減らそう

家庭から出る燃やせるごみの約3割は生ごみです(重量比)。その中には水切りしていないものや、消費期限切れで捨てられた手付かずの食材も含まれています。

ほんの少しの工夫で生ごみの量は減ります。生ごみを減らすために次のことに気をつけましょう。

          

減量ポイント2.まだ使えるものは捨てずにリユース

リユースとは物を繰り返し使うこと、つまり、物を大切にして何回も繰り返し使うことで、簡単にごみとして捨てないようにすることです。具体的には次のことに気を付けましょう。

  • 本、CD、洋服、電化製品、家具などで、まだ使えるものはリサイクルショップに引取ってもらいましょう
  • 八戸リサイクルプラザではまだ使える家具や自転車などを無償で引取りしています(状態の悪いものは受け取れません)。ごみとして捨てる前にまずは八戸リサイクルプラザにお問い合わせください。

   【お問合せ先】 八戸リサイクルプラザ 電話:0178-70-2396 FAX:0178-23-5396

減量ポイント3.店頭回収を積極的に利用しよう

スーパーなどでは再資源化を目的として、紙パック、食品トレイなどを回収するため、店頭に回収ボックスを設置しています。紙パック、食品トレイはごみとして捨てずに、きれいに洗って持ち込みましょう。



 

事業系ごみの処理については、コチラをご参照ください。

お問い合わせ先

環境部 環境政策課 資源リサイクルグループ
電話 0178-43-9362
FAX 0178-47-0722