ボランティアの定義

ボランティアとは、「1.個人の自由な意思に基づいて、2.不特定多数のために行われる、3.無償の活動」をボランティアの三要素として、この三つの要素を満たしている活動をいいます。

  1. 個人の自由な意思に基づく → 自発性
    他人から強制されるのではなく、自分から進んで行われることをいう。
     
  2. 不特定多数のため → 公共性
    特定の関係者のみのためではなく、不特定多数の人々や社会の福利を向上させることをいう。
     
  3. 無償 → 無償性
    活動の対価として報酬などを期待せず、また、その活動が本業ではないことをいう。
     

八戸市ボランティアセンター

ボランティア活動に関心がある方、実際にやってみたい方は、八戸市ボランティアセンター(八戸市総合福祉会館内 TEL0178-47-2940 ) までお越しください。

ボランティアセンターでは、ボランティアを必要としている方や団体の紹介をしています。

また、ボランティア活動中の事故や傷害などを補償する、ボランティア活動保険の加入も受け付けています。安心してボランティア活動ができるよう、ご加入をおすすめします。(ボランティア活動保険については、こちら

八戸市ボランティアセンターパンフレット [1801KB pdfファイル]
ボランティアをやってみたい方・団体はこちら
ボランティアをお願いしたい方・団体はこちら
 

ボランティアをやってみたい方は

ボランティアセンターにお越しいただいてからボランティア活動を行うまでは、以下のような流れになります。

  1. ボランティアセンターに登録
    活動条件や資格などをあらかじめ登録カードに記入していただきます。
    ボランティア登録カード(個人用) [87KB pdfファイル]
    ボランティア登録カード(団体用) [101KB pdfファイル]
     
  2. 活動したいボランティアの選択
    ボランティアセンターに寄せられている募集情報の中から、自分がやってみたい活動を選択します。ボランティアセンターのスタッフが募集先と連絡を取り合います。
    <参考> ボランティア活動メニューはこちら 
     
  3. ボランティア受入先との打合せ
     
  4. ボランティア活動の実施
     

ボランティアをお願いしたい方は

ボランティアをお願いしたい場合も、ボランティアをやりたい方と同様にボランティアセンターに登録が必要となります。

申込みから、どのような流れでボランティアを受け入れることになるのか、大まかな流れは以下の通りです。
ボランティアを必要とされている方は、お気軽にボランティアセンターへご相談ください。

  1. ボランティアの検討
  2. ボランティアセンターにボランティア募集の登録
  3. ボランティア希望者とのマッチング
  4. 活動希望者との打合せ
  5. ボランティア活動の実施

こんなボランティアも行われています

使用済み切手の切取り見本

ボランティアセンターでは、使用済み切手やテレホンカード、プリペイドカードを収集しています。

使用済み切手は、取扱業者の手を経て換金され、アジア、アフリカなどで医療援助活動の費用として活用されるほか、様々な活動に利用されています。

使用済み切手の収集にご協力いただける方は、1枚からでも構いませんので、ボランティアセンターまでご持参いただくか、郵送などでお送りください。

なお、切手は、封筒やハガキからはがさずに、縁を残して大きめに切り取ってください。また、丸形消印が鮮明な場合は、その部分も一緒に切り取ってください。(消印の日付などによっても価値が変わります。)

お申し込み・お問い合わせ先
八戸市社会福祉協議会(八戸市ボランティアセンター)
〒039-1166 八戸市根城8丁目8-155(八戸市総合福祉会館)
電話 0178-47-2940
FAX 0178-47-1881