以下には、最近の年度の制度内容をもとにした概要を掲載しています。

 制度内容は変更されることも考えられますので、ご申請の検討に当たっては、実施団体のホームページ等で必ず最新情報をご確認ください。

子どもの体験活動助成
 【募集期間】

<前期>9月中旬~12月上旬頃

<後期>5月上旬~6月下旬頃

 【助成対象】

次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的として、子どもの体験活動の振興に取組む団体が助成の対象となります。

1.公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人又は一般財団法人

2.特定非営利活動法人

3.1.及び2.以外の法人格を有する団体(次に掲げる団体を除く。)

(1)国又は地方公共団体

(2)法律により直接に設立された法人

(3)特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人

4.法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体

 【助成内容】

子どもの健全な育成を図ることを目的として、次の活動に対して助成します。

 

1.子どもを対象とする体験活動

<活動例>

・自然体験活動(自然観察、キャンプ、環境保全活動など)

・科学体験活動(科学実験教室や科学ものづくり活動など)

・交流体験活動(異世代・異文化・地域間等の交流を目的とした、スポーツ・文化・芸術活動など)

・社会奉仕体験活動(清掃活動、高齢者介護体験など)

・職場体験活動(農林、漁業など地場産業の体験、商業体験など)

 

2.子どもの体験活動の支援活動

<活動例>

・子どもの体験活動の指導者養成

・子どもの体験活動の振興方策の研究協議等を行うフォーラムの開催

 

 【助成金額】

1.助成対象経費合計額又は当該活動に係る経費総額から収入額を差し引いた額のうちいずれか低い額を上限とする。

2.2万円以上限度額までとする。

3.標準額は、市区町村規模の活動は50万円(限度額100万円)、都道府県規模の活動は100万円(200万円)、全国規模の活動は300万円(限度額600万円)とする。

 【実施団体】

独立行政法人 国立青少年教育振興機構

 http://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/taiken_boshu.html

 【備考】  
 【区分】 こども