以下には、最近の年度の制度内容をもとにした概要を掲載しています。

 制度内容は変更されることも考えられますので、ご申請の検討に当たっては、実施団体のホームページ等で必ず最新情報をご確認ください。

ドコモ市民活動団体への助成
 【募集期間】

2月初旬~3月末頃

 【助成対象】

(1) 日本国内に活動拠点を有する民間の非営利活動団体で、特定非営利活動法人(NPO)等の法人格を有するもの、または取得申請中の団体

(2) NPO等の法人格を有する以前の活動実績を含む、実績年数が2年以上の団体

(3) 複数のNPOが連携した協働事業で、地域の中間支援組織(各地の「NPOセンター」等活動支援団体)が代表申請団体となる場合は、その協働グループ

(4) 過去にMCFから助成を受けた団体の再申請も可能(但し、その際は助成成果を含め、更なる施策実施効果、必要性を詳細に記入すること)

 【助成内容】

●助成対象活動テーマ:

「子ども育成」「子どもを守る」という視点から、以下の活動テーマのいずれかに該当するもの

 

(1)不登校・ひきこもりの子どもや保護者に対しての精神的・物理的な支援、復学・社会的自立支援活動(フリースクール・カウンセリングなど)

(2)児童虐待やドメスティック・バイオレンス(DV)、性暴力などの被害児童・生徒を保護・支援する活動

(3)非行、地域犯罪等から子どもを守るための支援活動

(4)働く親支援のための安全な保育、子どもの不安や悩みに耳を傾ける相談活動

(5)「軽度発達障がい」(アスペルガー症候群、LD、ADHDなど)を持つ児童の支援活動

(6)上記(1)から(5)以外で「子どもを守る」という視点に立った活動テーマに相応しい支援活動

  

 【助成金額】

1団体あたり標準50万円(最高200万円まで申請可能)

※助成金額総額は2,500万円以内

※採用基準に満たない活動計画であっても、団体の将来性・可能性などに特に期待が持てる申請については、標準の半額(25万円)を「活動奨励金」として採用する場合がある。

 【実施団体】

NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)

 http://www.mcfund.or.jp/

 【備考】  
 【区分】 こども