古布

(1)対象となるもの

○素材が主に綿(めん)でできた衣類、シーツなど

  例)シャツ類、トレーナー、肌着、パジャマ、ベビー服、タオル類、シーツなど

 ※対象になるかどうか迷ったときは吸水性があるかどうかで判断してください。
(吸水性のあるものは対象となります。) 

 (2)古布の出し方

○透明なごみ袋に入れて、第2・第4水曜日に出してください。

(3)注意

○下記のものは古布の対象とはなりませんので、燃やせるごみに出してください。

【対象とならないもの】

 ●汚れがひどいもの

   例)下着、おしめ

 ●油を吸い取れない素材のもの

   例)ウール製品、ポリエステル製品、ジーンズなど

 ●大きさが30cm×30cm未満の小さいもの

 ●中にわたが入ったもの

   例)座布団、クッション、ぬいぐるみなど

○状態がいい衣類などは、出来るだけリサイクルショップや古着屋に引き取ってもらうようにしましょう。