平成25年10月に地球規模の水銀汚染の防止を目的とした「水銀に関する水俣条約」が採択されたことに伴い、廃棄物処理法が改正されました。平成29年10月1日以降、水銀廃棄物の適正処理について、新たな対応が必要となります。 

 

1 水銀廃棄物の区分及び必要な対応

銀廃棄物は次の4つに区分されます。

水銀廃棄物は、それぞれの区分に従って適正に処理してください。

水銀廃棄物の種類

対 象

対象の詳細

及び処理方法

1.水銀使用製品産業廃棄物

水銀を含んだ産業廃棄物

(水銀電池、蛍光灯、体温計など)

水銀使用製品産業廃棄物 [247KB pdf] 

2.水銀含有ばいじん等

 (産業廃棄物)

(1)ばいじん、燃え殻、汚泥、鉱さいのうち

 水銀を15mg/kgを超えて含有するもの

(2)廃酸、廃アルカリのうち水銀を15mg/L

 を超えて含有するもの

 水銀含有ばいじん等 [124KB pdf] 

3.廃水銀等

(特別管理産業廃棄物)

(1)特定の施設において生じた廃水銀

(2)水銀が含まれている物又は水銀使用製品

 が産業廃棄物となった物から回収した廃水銀

 廃水銀等 [221KB pdf] 

4.水銀を含む

 特別管理産業廃棄物

 特定の施設から排出されるばいじん、燃え殻、汚泥、鉱さい、廃酸、廃アルカリで水銀の溶出・含有量が判定基準を超過するもの

〔判定基準〕

  • 鉱さい、ばいじん、汚泥のうち水銀の溶出量が0.005mg/Lを超えるもの
  • 廃酸、廃アルカリのうち水銀の含有量が0.05mg/Lを超えるもの

 水銀を含む特別管理産業廃棄物 [218KB pdf]  

 

2 許可の取扱い

(1)許可の取扱い

 産業廃棄物処理業者が水銀使用製品産業廃棄物又は水銀含有ばいじん等を取り扱うために新たに許可が必要となりました。
施行の際現に水銀使用製品産業廃棄物又は水銀含有ばいじん等を取り扱っている産業廃棄物処理業者については、水銀廃棄物に係る処理基準を満たしていれば、引き続き水銀使用製品産業廃棄物又は水銀含有ばいじん等を取り扱うことができます。

 (2)許可証への記載

 市では、平成29年10月1日以降、産業廃棄物処理業者から変更届出があった場合、許可証の取扱う産業廃棄物の種類に「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」を含む旨を順次書き換えて明記します(含まない場合は記載しません)。

 

3 排出事業者の責任

 排出事業者は、廃棄物の処理を委託する際には、処理が適正に行われるために必要な措置を講じるよう努めなければならないとされています。
排出事業者は、廃棄物の処理を委託する際には、処理業者が水銀使用製品産業廃棄物又は水銀含有ばいじん等を適正に取り扱うことができる業者であるかどうかを事前に確認したうえで契約してください。

 

4 参考資料

 ・ 水銀廃棄物リーフレット(環境省作成) [355KB pdf] 
・ 
水銀廃棄物ガイドライン(環境省作成) [3503KB pdf] 
・ 
廃棄物処理法施行令等の改正に関するQ&A(環境省作成) [384KB pdf] 

5 関連リンク

 水銀廃棄物対策関係(環境省ホームページ)

  www.env.go.jp/recycle/waste/mercury-disposal/index.html